ステンドグラス「グリーン」のガラスカットは折り返し地点

6枚一組のステンドグラス「グリーン」は、緑色のガラスのカットが終わり、その他のガラスに移っています。2000ピースあるので、カット作業は、年内いっぱい続くと思われます。

切り終って、周囲の研磨も終わった緑のガラスたち

切り終って、周囲の研磨も終わった緑のガラスたち

小さいピースも沢山あり、カットするそばから、ルーターで周囲を研磨して、バリを除去しています。

細かい緑の「葉」のピースたち。緑だけでも6色。

細かい緑の「葉」のピースたち。緑だけでも6色。

今は、紅葉を表現するオレンジや黄色、赤のガラスをカットしています。

サンゴバンのセレニウムオレンジは、ここ数年で倍近く値上がりしました。中央の1枚で1万5千円。

サンゴバンのセレニウムオレンジは、ここ数年で2倍近く値上がりしました。中央の1枚で1万5千円。

オレンジは、フランスのサンゴバン社が作るセレニウムカラーシリーズのアンティークガラスです。30cm×45cmほどで1万5千円する高価なガラスです。

無駄が出ないように、型紙を配置して、けがいています。

無駄が出ないように、型紙を配置して、けがいています。

ステンドグラスは、いとめを付けずに美しいガラスを使うところに醍醐味があります。

ステンドグラスパネル「グリーン」はガラスカット開始

6枚一組で、しかもトータル2千ピース以上ある大作ステンドグラス「グリーン」は、ガラスカットを始めました。大きなピースは1個60cmほどあるので、材料取りが難しいです。ランバーツの入荷も、必要量ギリギリになり、失敗が許されません。

ランバーツのグリーンガラスを並べ、材料取りの作戦中です。

ランバーツのグリーンガラスを並べ、材料取りの作戦中です。ガラス1枚の大きさは60cm×45cmほど。

ガラスの上に型紙を載せ、パズルのようです。

ガラスの上に載っているのは、型紙

ガラスの上に載っているのは、型紙

年内いっぱいカットが続きます。

ステンドグラスパネル「グリーン」デザイン中です

大判6枚構成のステンドグラスパネル「グリーン」の制作に掛かっています。現在、原画が施主様に承認され、型紙化に移っています。

「グリーン」はゴルフ場を想定した風景画です

「グリーン」はゴルフ場を想定した風景画です

縦1mほどのパネルが6枚ですから、かなり迫力のある作品になると思います。

一方、こちらも1m超の作品「ニケ」ですが、最終の組み立てに移っています。

「ニケ(NIKE)」は組み立て段階です。

「ニケ(NIKE)」は組み立て段階です。

オレンジとイエローのガラスが、鮮烈です。

先達て、うしく現代美術展で、小学校鑑賞会が行われました。今年も、説明員として2日間、現場にいました。子供たちと、真面目な会話やおふざけの会話をするのは楽しいです。

うしく現代美術展の小学校鑑賞会での一コマ。

うしく現代美術展の小学校鑑賞会での一コマ。