ステンドグラス「プルメリア」は組み立て中

2枚一組のオーダーメイドステンドグラス「プルメリア」は銅テープ巻きも完了し、組み立て段階です。

切断したガラスピースに銅テープを巻いています

切断したガラスピースに銅テープを巻いています

台紙の上に、各ピースを載せて、仮止めします。

ジグソーパズルのようにピースを台紙上に並べています

ジグソーパズルのようにピースを台紙上に並べています

今回の作品は、ピースは大きくて数は少ないですが、ピースをフュージングで作ったりして、凝っています。

銅テープの部分にハンダを流し込み、組み立てます

銅テープの部分にハンダを流し込み、組み立てます

ステンドグラス「プルメリア」のピースはフュージングで作っています

プルメリアの花って白地に中心近くが黄色いというのが多いですよね。1枚の花弁に2色が同居しているので、フュージングで花弁専用のガラスを作ることにしました。

ガラスに白と黄色のガラスパウダーを振りかけています

ガラスに白と黄色のガラスパウダーを振りかけています

ピースごとに切り分けたクリアーガラスに、同じ膨張係数のガラスパウダーを茶こしで振りかけています。色は白と、黄色です。このとき、均一にかけてしまっては意味がないので、ちゃんと中心部は黄色が強くなるように、振りかける量を加減します。

ちなみに写真では、粉はすべて白に見えますが、焼成されると一部黄色に変色します。

電気窯に入れて、焼成準備OKです。

電気窯に入れて、焼成準備OKです。

半日かけて焼成し、次の日蓋を開けると、ちゃんと黄色を呈していました。

白と黄色のグラデーションが美しいプルメリアの花弁が出来ています。

白と黄色のグラデーションが美しいプルメリアの花弁が出来ています。

奥の方のピンクのピースは、別の作品に使うものです。

和風ステンドグラス「山吹」は組み立て段階です

オーダーメイドステンドグラス「山吹」は、組み立てに入っています。ガラスピースに銅テープを巻き終えたら、台紙の上に並べます。

ガラスピースを台紙の上に並べています。ジグソーパズルの要領です。

ガラスピースを台紙の上に並べています。ジグソーパズルの要領です。

初めて全部のガラスを並べて、改めて今回華やかな配色だったことがわかります。

ガラスピースを台紙の上に並べています。銅テープ部分にハンダを盛って、結合していきます。

銅テープ部分にハンダを盛って、結合していきます。

ハンダ付けで組み立てたら、洗浄→黒染めして完成です。

フュージングペンダントランプ制作中

フュージングタイル6枚で正6角錐のペンダントランプ・シェードを作っています。

クリアをメインにアンバーと白のフューザブルガラスを並べて焼成します。

フューザブルガラスで、台形を6枚作っています

フューザブルガラスで、台形を6枚作っています

電気窯で焼成します

電気窯で焼成します

焼き上がったタイルは、ステンドグラスの技法で組み立てる予定です。

無事、焼成完

無事、焼成完

オーダーメイドの山吹のステンドグラスは、ガラスの研磨作業に入っています

横長のオーダーメイドステンドグラスは、ガラスカットが終わり、周囲の研磨に入っています。ルーターで、ぐるりと切断面を削ります。これで、次の工程のコパーテープが着きやすくなります。

セレニウムイエローのガラスピースを研磨しています

セレニウムイエローのガラスピースを研磨しています

山吹の花の部分は、アンティークのセレニウムイエローという結構高価なガラスで表現しています。

研磨し終わった「花」のピース

研磨し終わった「花」のピース

下のコンテナが研磨前、上が研磨後です。写真では違いがわかりませんね。

 

窓用ステンドグラス「山吹」はガラスカット開始

横長の窓用ステンドグラス「ヤマブキ」は、型紙も刻み終わり、ガラスカットに入っています。

型紙をピースごとに切り分けています

型紙をピースごとに切り分けています

この作品は全部で7種類のガラスで作ります。まずは、メインの花の部分であるイエローのガラスです。ランバーツ社製のアンティークガラスで、セレニウムイエローというガラスです。

ガラスの上に、型紙を配置しています

ガラスカットの前に、ガラス上に、型紙を配置しています

最近、このセレニウムカラーと、金を含有するゴールドピンクの高騰が止まりません。

オイルカッターとプライヤーを使い、ガラスカット中です。

オイルカッターとプライヤーを使い、ガラスカット中です。

まあ、無駄のないように(失敗しないように)切っていきます。

 

横長のステンドグラス「山吹」の型紙を作っています

窓用の和風ステンドグラスの制作が始まりました。「山吹」です。サイズは横1.2mx縦30cmです。和風とはいえ、ほぼ天然色に近く、葉は緑とグレー、花は黄色です。ふんわりとしたイメージでデザインしました。

縮小版パターンは、原寸の1/3サイズです。

縮小版パターンは、原寸の1/3サイズです。

山吹の枝が噴水のように両サイドに広がって枝垂れるデザインです。

原寸大の型紙

原寸大の型紙です。構図が横長なので、山吹のような垂れる枝が映えます。

この型紙をピースごとに切り分けて、ガラスカット作業に入ります。

20年前のステンドグラスランプの修繕

20年前にオーダーメイドで作らせていただいたオリジナル・ティファニーランプ「蔦」の修繕をしました。東日本大震災の際に落下して、一部ガラスが破損していたものです。

奇跡的に、ほんの一部分だけガラスが割れて陥没しています

奇跡的に、ほんの一部分だけガラスが割れて陥没しています

懐かしいランプとの再会でした。とても綺麗に使っていただいており、ほんの数日前にお納めしたかのように、ホコリひとつ、サビひとつないシェードでした。

ハンダコテで周囲を溶かしながら、ピンセットでガラスを取り除きました

ハンダコテで周囲を溶かしながら、ピンセットでガラス片を取り除きました

ガラスがいい具合に粉々に砕けていたので、ハンダコテで周囲を融かしながら、ピンセットで取り外しました。

当時の型紙をセンターファイルから出してきて、当該箇所のコピーを取ります

当時の型紙をセンターファイルから出してきて、当該箇所のコピーを取ります

当時と同じガラスがなかったので、近い色のガラスで新ピースを作ります

当時と同じガラスがなかったので、近い色のガラスで新ピースを作ります

当時の型紙を使って、ガラスピースを作り直すのですが、使っていたウロボロスのガラスが生産中止(というか、会社自体も消滅)なので、近い色の他のガラスを使用しました。

ルーターで新ピースの形を整え、はめ込みます。

ルーターで新ピースの形を整え、はめ込みます。

新ピースをハンダ付けして、黒染めして終了です。

きれいに直りました

きれいに直りました

さらに永く愛していただければと思います。

フュージング画で表札を作っています(2)

フュージング画の表札は、1回目の焼成が終わり、オオハシの柄を描くべく、薄板ガラスを切っています。

薄板ガラスのカットと整形

薄板ガラスのカットと整形

ガラスを切って、ルーターで磨きながら、各ピースとの隙間が限りなくゼロになるように整形します。その後、2回めの焼成です。

2回めの焼成後、南国の絵ができました

2回めの焼成後、南国の絵ができました

この後、名前などの文字をグリザイユで書き込みます。今晩、これも焼成します。

グリザイユで文字を書き込み中

グリザイユで文字を書き込み中

フュージング画で表札を作っています

今年は、新年早々、新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるい、ついに今月(2020年4月)からは日本全国、緊急事態宣言で外出自粛です。今年予定されていた東京オリンピックも来年に延期です。

政府と県の要請で、8割以上の他人との接触禁止と、県をまたいでの移動の禁止です。私の職業はもともと自宅待機型なので、あまり変化はありませんが、仕事はないです。

さて、身内のご注文で、表札を作っています。ブラジルをイメージした明るい感じにしようと思っています。

透明のベースガラスの上に白ガラスの粉をふりかけ、一旦焼成します

透明のベースガラスの上に白ガラスの粉をふりかけ、一旦焼成します

切りガラスで絵柄を表現する予定ですが、最初にベースガラスの下地を焼成します。

電気窯で1回目の焼成です

電気窯で1回目の焼成です。ちょっと淡い模様も付けています。