ノートPC(DELL Inspiron15-3567)のHDDをSSDに換装しました(備忘録)

仕事で2年半ほど使っているノートPC(DELL Inspiron 15-3567)が遅くなってきたので、内蔵HDD(ハードディスク・ドライブ)をSSD(ソリッドステイト・ドライブ)に換装します。同時に、メモリーも4GB追加して、計8GBにします。

PCの処理速度低下の原因は色々ありますが、その第1(律速段階)は、HDDのシーク増だと思います。シークとはHDDのヘッドがトラックをまたいで忙しく動き回る動作で、これが日に日に増していきます。シーク増加の原因も多々ありますが、ソコのところは深く追求しないことにして、そもそもシークが存在しないSSDに取り替えて、一気に解決したいと思います。

PCの処理の遅さに我慢できなくなったら、耳を澄ましてみて下さい。「コロコロコロ」とか「チリチリチリ」とシーク音が鳴り続けているときがあります。こんな時は、SSDへの換装のタイミングだと思います。今、SSDも500GBで8,000円程度になり、手の届くデバイスになってきましたね。

【うちのDELLスペック】

COREi3 6006U 2GHz/RAM 4GB/HDD 1TB/Win10 HOME 64bit/DVD RW

DELLは、サービスマニュアルがネット上に公開されているので、予め見ておくことをおすすめします。

DELLサイトのマニュアル

DELLサイトのサービスマニュアル

【今回買ったもの】

・SSD HP S700 2.5” 500GB  ツクモで 6,908円
・2.5inch HDD・USBケース  HDE-04(USB2) ツクモで 882円
・中古メモリー DDR4 PC4-2666V-SC0-11 4GB ヤフオクで1,800円

買ったモノたち

買ったモノたち(左から、メモリー、SSD、HDDケース)

【1.クローンの作成】

1)SSDをHDDケースに入れて、PCにUSB接続します。このケースは、SSDのSATA接続をUSBに変換するもので、この換装作業のみに必要だったのでUSB2の廉価なものにしました。

SSDをPCにUSB接続

SSD(手前)をPCにUSB接続

2)そのままではPC側でSSDをドライブとして認識しないので、エクスプローラー→PC→右クリック→管理→ディスク管理→SSDを右クリック→新しいシンプルボリューム作成→次へ→次へ→次へ...で、ドライブとして認識させます。

SSD認識前の管理画面

SSD認識前(下の黒い線)の管理画面

SSD認識御の管理画面

SSD認識後(青に変化/E:ドライブ)の管理画面

3)クローン作成ソフトEase US todo Backup(30日間お試し)を窓の杜からインストール。クローン作成ソフトも種々あるようですが、これが有名なので、試すことにします。

EaseUS todo Backupのダウンロード

EaseUS todo Backupのダウンロード画面(窓の杜)

4)左メニューから「クローン」を選択

※ちなみにメニューには「クローン」と「システムクローン」の2通りがありました。後者を選ぶと、「GPT(HDD)→MBR(SSD)へのクローンはできない」と拒否されました。でも、上記「クローン」を実行すると、SSDは自動的にMBRからGPTに変換されるみたいです。

5)約3時間でクローン終了。いやー時間がかかりました。途中、「止まってしまったんじゃないか」と思うほど、処理が進まない時がありました。

クローン作成完了画面

クローン作成完了画面

【2.DELLバッテリーとオプティカルドライブを外す】

1)ここから、ハードウェアのお仕事です。DELLのノートPCははっきり言って、蓋開けが大変です。他社のPCなら、HDDの換装は概ね裏蓋を外すだけで良いのですが、DELLはキーボードなども外さなければなりません。

まず、裏のバッテリーを外しておきます。

2)ネジ一個を外し、オプティカルドライブ(DVD-RW)をスライドして外します。

ネジ1本をは外し、オプティカルドライブ(DVD-RW)を引き抜く

ネジ1本をは外し(上赤矢印)、下の穴(下赤矢印)にドライバーを差し込み、オプティカルドライブ(DVD-RW)を引き抜く

【3.DELLキーボード外し】

1)ぱっちんどめのキーボードを、マイナスドライバーでこじて外します。この時、ドライバーでこじるのは上側(LCD側)一辺の5箇所だけでよく、その後、上一辺を爪で引き上げ、キーユニットを上側にスライドさせる要領で抜きます。フレキケーブルをコネクタから外します。

キーボードユニットと本体の隙間にマイナスドラーバーを差し込み、こじ開ける

キーボードユニットと本体の隙間にマイナスドラーバーを差し込み、こじ開ける

LCD側にスライドして引き上げる

LCD側にスライドして引き上げる

2)板金上のネジM2*5 5個を外します。中央のフレキケーブルをコネクタから外します。

ネジ5個と、フレキコネクタ外し

ネジ5個と、フレキコネクタ外し

【4.DELL裏蓋外し】

1)本体を裏返し、ネジ計13本外します。ネジは3種類あるので、間違えないように。

2)ぱっちんどめの裏蓋をマイナスドライバーでこじて外します。この時、オプティカルユニットを外してできた隙間に指を差し入れ、上に引き上げる要領で、一個一個の爪を外していきます。

裏蓋のネジを外した後、蓋を手で引き剥がす

裏蓋のネジを外した後、蓋を手で引き剥がす

【5.HDD外し、SSD装着】

1)ネジ4本を取り、フレキケーブルも本体から外して、HDDを取り出します。

裏蓋を外した様子。この後HDDのネジ4個を外す

裏蓋を外した様子。この後HDDのネジ4個を外す

2)さらにネジ4本を外してブラケットとHDDを分離します。

HDDからブラケットを外す(ネジ4本)

HDDからブラケットを外す(ネジ4本)

3)SATA変換ケーブルもHDDから引き抜いて外します。

ブラケットと変換ケーブルが外れたHDD

ブラケットと変換ケーブルが外れたHDD

4)SSDをHDDケースから取り出しておきます。SSDにDELLのブラケットと変換ケーブルを付け、ネジ4本で本体に装着します。

SSDにさっき外したブラケットを装着

SSDにさっき外したブラケットを装着

SSDを本体に取り付けます

SSDを本体に取り付けます

【6.メモリーカード装着】

メモリー(RAM)の空きスロットに、メモリーカードを増設します。コネクタに斜めに差し込み、上から押してぱっちんどめ。

メモリー(RAM)の空きスロットに、買ってきたメモリーカードを増設します。コネクタに斜めに差し込み、上から押してぱっちんどめ。

【7.裏蓋とキーボード、オプティカルユニットを戻す】

外したときの逆の順序で、戻していきます。

キーボードを戻す前に、フレキの装着を忘れずに

キーボードを戻す前に、細いフレキの装着を忘れずに

キーボードを戻す前に、フレキの装着を忘れずに

キーボードのフレキも差し込んで接続。

【8.蓋戻す】

【9.動作確認】

ハードの改造が終わったら、スイッチを入れて動作確認です。

いきなりBIOS画面になったので、SSD(赤矢印)と8GBのメモリーが認識されているか、確認します。Exitして、Windowsを立ち上げます。

PC立ち上げるとBIOS画面になったので、SSDを認識しているか確認

PC立ち上げるとBIOS画面になったので、SSDを認識しているか確認

無事、Windows10が立ち上がりました

無事、Windows10が立ち上がりました!

予想していたことですが、とても高速になりました。ちなみにWindows10の立ち上げに掛かる時間は、
・改造前:2分30秒
・改造後:30秒
と、1/5に短縮しました。その他、アプリの動作も軒並み倍速以上の体感です。みなさん、どうぞ(自己責任で)お試し下さい。

オーダーメイド・パターン(型紙)「月桃」の制作

時々、ステンドグラスのパターン(型紙)のみの制作依頼があります。こういう場合普通、お客様は自作マニアです。お客様のご要望(サイズ、モチーフ、雰囲気など)をヒヤリングして、世界に一つだけのオーダーメイドパターンを作らせていただきます。

ステンドグラス用のオーダーメイドパターン「月桃」

ステンドグラス用のオーダーメイドパターン「月桃」

今回は、同じお客様からのリピートです。モチーフは、沖縄の花「月桃」とメジロ。面白い取り合わせです。総ピース数140で、30~40cmほどの作品になります。ガラスの選定のご相談にも乗ります。

茨城県立近代美術館に行ってくる

佐伯祐三「靴屋」

佐伯祐三「靴屋」

水戸市の仙波湖畔にある茨城県立近代美術館に行ってきました。私の住む同県龍ケ崎市から車で1時間の場所です。ここ水戸こそが「The茨城」といった、言わずと知れた茨城県の中心都市です。が、私は水戸に来るのは生涯2度目です。

この美術館、同郷出身の横山大観の作品を中心に4千点もの所蔵がある、ちょっとした美術館です。でも、今回は、これら所蔵作品の中からフランスを描いた作品のみが展示された企画展を見てきました。

写真は佐伯祐三の代表作「靴屋(コルドヌリ)」です(写真撮影はOKとなっていました)。まあ、これだけを見に行くだけでも価値はあります。荒々しいタッチの中に、何とも言えない職人の生活臭を感じさせる、無二の作品ですね。しかし、この同名の作品は2個存在し、本当の代表作はブリヂストン美術館所蔵の一回り大きい方みたいなんですけどね。

この作品以外にも、藤田嗣治やルノワール、ピサロ、モネなどがありました。

たまには本物の芸術に触れて、今後のステンドグラス制作に活かしたいです。

ステンドグラスの原画を水墨画で描いています

ステンドグラスのオーダーメイドの打診がありまして、ヒヤリングする前から提案用の絵を描いています。

水墨画でステンドグラスの原画を描く 「カキツバタ」

水墨画でステンドグラスの原画を描く
「カキツバタ」

現在得ている情報は、窓のサイズだけです。まあ、ボツになってもいいんですけどね。腕が鈍らないように時々描きます。

幾何学抽象ステンドグラス「希望」はガラスピースを研磨しています

ガラスピースは、カットしたらすぐに、切断面を研磨します。ルーターという回転砥石で、エッジを垂直にならします。そうすると、この後の工程で、銅テープが着きやすくなります。

ガラスのエッジをルーターで研磨中

ガラスのエッジをルーターで研磨中

研磨し終わったピース

研磨し終わったピース

研磨し終わったピースは、型紙の上にのせて、一回り小さくなっていることを確認します。もし、出っ張っていたら、その部分だけ、再度研磨します。

葡萄のステンドグラス制作、本格始動

欄間用の超横長ステンドグラスを制作しています。葡萄と鳥のオナガです。

水墨画の原画も横長です

水墨画の原画も横長です

横166cm×縦44cm×2枚組みです。葡萄は蔓ものですので、枝の配置は比較的自由です。横長構図にも向いていますね。

葉っぱのガラスはヤカゲニーのスティップルガラスです。

葉っぱのガラスはヤカゲニーのスティップルガラスです。

ヤカゲニー社のスティップルガラスは、オパールセントで有りながら、ざらついた落ち着きのあるテクスチャが素敵です。切りにくいですけど。

ようやく涼しくなり

この夏は、とにかく暑かったです。6月中に梅雨が明けたと思ったら、7月、8月と、連日35℃超えの猛暑。全国的には、毎日のようにどこかで38℃、39℃との報道でした。

しかし、昨日、今日と、ここ龍ケ崎は30℃に届かない涼しさです。しかも、晴れです。朝のウォーキングも、すこぶる気持ちがイイです。これで、ステンドグラスやフュージングの制作意欲が沸いてきます。きっと。

朝のウォーキングコースは、さわやかな晴れ

朝のウォーキングコースは、さわやかな晴れ

オーケストラを聴いてきました

最近、無鉛ステンドグラス(フュージング画)で、猫に楽器を演奏させているところを作品にしていますので、今回は実際にオーケストラを体験してきました。

横浜のみなとみらいホールで、日本フィルを見てきました。

みなとみらいホールの内部です。正面のパイプオルガンが印象的です。

みなとみらいホールの内部です。正面のパイプオルガンが印象的です。

モーツァルトの「フィガロの結婚」、やチャイコフスキーの「くるみ割り人形」をバレー付きで見てきました。迫力あって良いです。次回は、作品にバレーを踊る猫を登場させたいです。

泊まったホテルの窓から、山下公園の氷川丸が良く見えます

泊まったホテルの窓から、山下公園の氷川丸が良く見えます

 

シャムネコのフュージング画(無鉛ステンドグラス)「猫」完成

大判無鉛ステンドグラス(フュージング画)「猫」

大判無鉛ステンドグラス(フュージング画)「猫」

工房で飼っているシャムネコをモデルにした無鉛ステンドグラス(フュージング画)が完成しました。自主制作です。

サイズは、

  • ガラス本体: 横44cm×縦80cm×厚5mm。
  • 額外形: 横50cm×縦86cm×厚3cm(多少変わる可能性があります)です。

色とりどりのガラスフリットをベースガラス上に撒いて、その後窯で焼くというプロセスを何回も繰り返して、深遠な作りにしています。

※作品の詳しい記事は、グラス工房達風サイトの作品集ページで。

毎朝のウォーキングの賜物、ケヤキのステンドグラス完成

新緑の季節、朝の3kmウォーキングも、すっかり習慣になりました。いつも行く北竜台公園は、色々な木々が新緑に沸いています。この時期、緑色が淡い黄緑で統一されていて、モノトーンの美しさです。もうしばらく経つと、木の種別に緑加減が変わってきます。濃い緑、薄い緑、青緑、黄緑など。

さて、ケヤキの芽吹き頃の情景を、作品に採りいれました。近くに咲いていた八重桜も、入れてみました。直径50cmほどの中型作品です。

ケヤキのステンドグラス。

ケヤキのステンドグラス。珍しく背景に鮮やかなブルーを用いました。

※作品の詳しい説明は、グラス工房達風の作品集ページで。