円形ステンドグラス「バラ窓」は組み立て工程です

直径70cmの円形ステンドグラスは、大聖堂などでよくみられる「バラ窓」のデザインです。複数色をグラデーションに配置しています。

バラ窓のハンダ付け工程

バラ窓のハンダ付け工程

柄も幾何学模様で、吹き抜けの高いところに飾ると、すっきりきれいだと思います。

ステンドグラス「ペガサスとベレロポーン」「パンドラの壺」は組み立て中

同じサイズの2枚のステンドグラスを並行して制作しています。「ペガサスとベレロポーン」「パンドラの壺」です。どちらもコパーテープ巻きが終わり、組み立てに入っています。

ピースを台紙の上に並べ、全容があきらかになってきます。

「パンドラの壺」の台紙上にガラスピースを並べています

「パンドラの壺」の台紙上にガラスピースを並べています

ブルーと青緑のガラスが鮮やかです。

コパーテープ上にハンダを溶かして盛っていきます

コパーテープ上にハンダを溶かして盛っていきます

一方、「ペガサスとベレロポーン」も台紙上に並べ終わりました。

こちらも、緑が鮮烈です

こちらも、緑が鮮烈です

 

ステンドグラス「ペガサスとベレロポーン」はコパーテープ巻き中

コパーテープとは銅のテープのことで、カットしてガラスピースの周囲に貼り付けて、ハンダをつけやすくします。ステンドグラスは、ハンダでピース同士を結合するのですが、ガラスはハンダをはじくので、銅を巻いておくのです。

テープを巻く前に、ガラスピースの周囲を回転やすり(ルーター)で研磨して、テープを付きやすくしておきます。

切ったガラスピースの周囲を研磨しています

切ったガラスピースの周囲を研磨しています

テープの裏には粘着剤がついているので、テープ巻きは簡単です。

テープを巻き終えたピースたち。

テープを巻き終えたピースたち。ベージュの部分が銅です。

すべてのピースにテープを巻けば、組み立てですが、このテープ巻きの工程は結構時間がかかります。