フュージング画「薔薇」は、ガラスカットしています

大判のフュージング画「薔薇」は、ベース板の上にカラーの薄板を融着させる方法を採っています。絵付けは、このベース板と薄板の間に、閉じ込める形で描き込みます。

グリザイユ絵付けが終わり、その絵に合わせて、薄板ガラスをカットしています。

オリーブグリーンの薄板ガラスで、薔薇Aの葉っぱを作っています。

オリーブグリーンの薄板ガラスで、薔薇Aの葉っぱを作っています。

薔薇の花は、薔薇Aがピンク、薔薇Bがラヴェンダーです。ピンクのガラスは焼成前はほぼクリアです。焼成することによって、ピンクを呈します。

ワンちゃんのまわりにも、蔓バラが広がりつつあります。

ワンちゃんのまわりにも、蔓バラが広がりつつあります。

薔薇Bはラヴェンダーの花に、ライトグリーンの葉です。

薔薇Bはラヴェンダーの花に、ライトグリーンの葉です。

フュージング画「薔薇」絵付けしています

ガラス・フュージングと絵画の合成である「フュージング画」(私による造語)は、色を担当するガラスと、輪郭や陰影を担当するグリザイユ絵付けの合成です。

ガラスの融着を先にするか、絵付けを先にするかは、作品によって異なります。今回は、絵付けを先にして、その上をカバーする形でガラスを載せる予定です。

ですので、せっせと絵付けをしています。

まず、ワンちゃんの毛を描いています。白い犬にしては、少し濃い様に見えますが、高温でフュージングすると薄くなるんです。

ワンチャンの犬種はウェスティーだそうです。

ワンチャンの犬種はウェスティーだそうです。

上の写真の状態で一度焼成し、冷めてからさらにバラを描きくわえていきます。

薔薇のブッシュを描きくわえます

薔薇のブッシュを描きくわえます

下の写真は、バラの実の画面の焼成風景です。大きな電気窯で焼き付けます。

釜の中での焼成

釜の中での焼成

フュージング画「薔薇」制作開始

かなり大判のフュージング画「薔薇」の制作を始めました。つるバラのブッシュの中に2匹のワンちゃんがいる絵です。サイズが縦80cm×横1.5mほどありますので、フュージングは3枚構成です。一応材料がそろったので、まずワンちゃんから描こうと思っています。

描くと言っても、マスクを作って、ベースガラス上に白いパウダーを落とす作業から始めます。

ワンちゃんのマスクが出来て、ガラスパウダーを振り掛ける直前

ワンちゃんのマスクが出来て、ガラスパウダーを振り掛ける直前

ガラスと言うのは、くっきりクールになりがちなので、わんちゃんのもふもふ感を出すのが難しいです。きっと。

 

ステンドグラス「ニケ」制作中です

ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」をモチーフにしたステンドグラスを制作中です。オリンピアの街を俯瞰して、勝者のもとにまさに飛び立とうとするニケの図です。以前にも「アテナとニケ」と言う作品を作りましたが、今回はニケ単独です。手には、ご祝儀の月桂冠(お酒ではありません)を持っています。

「ニケ」のデザイン画です

「ニケ」のデザイン画です

今回は少し乙女チックなニケで、ちょっと天使のようでもあります。

絵付けのための焼成をしています

羽根一枚一枚や肢体のピース、絵付けのための焼成をしています

大きなピースが目立つので、ピース数は少なく見えますが、実はトータル500ピース以上ある大作です。

焼成し終わったピースは、一旦コンテナに整理していきます

焼成し終わったピースは、一旦コンテナに整理していきます

葡萄のステンドグラスは組み立て中

横長で2枚一組のステンドグラス「葡萄」は、組み立て工程に入っています。

テープを巻き終えたパースを台紙上に並べたところです

テープを巻き終えたピースを台紙上に並べたところです

幅1.7mもあるので、作業台いっぱいです。ガラスは、オパールセント主体なので、光を通さなくても、面白い表情です。

ハイパワーセラミックハンダコテでサクサク組み立てます

ハイパワー・セラミック・ハンダコテでサクサク組み立てます

2枚組み立てるのに、2日かかります。

葡萄のステンドグラスは、コパーテープを巻いています

横長2枚組のステンドグラス「葡萄」は、ガラスの研磨と平行して、銅テープ巻きの作業を行っています。今回は珍しくオパールセントガラス主体で、葉の部分はヤカゲニー社のスティップルガラスです。

葡萄の実、ひとつひとつにテープを巻いていきます

ブルーの葡萄の実、ひとつひとつにテープを巻いていきます

ブルーとピンクの「葡萄の実」が可愛らしいです。

葡萄のステンドグラス制作、本格始動

欄間用の超横長ステンドグラスを制作しています。葡萄と鳥のオナガです。

水墨画の原画も横長です

水墨画の原画も横長です

横166cm×縦44cm×2枚組みです。葡萄は蔓ものですので、枝の配置は比較的自由です。横長構図にも向いていますね。

葉っぱのガラスはヤカゲニーのスティップルガラスです。

葉っぱのガラスはヤカゲニーのスティップルガラスです。

ヤカゲニー社のスティップルガラスは、オパールセントで有りながら、ざらついた落ち着きのあるテクスチャが素敵です。切りにくいですけど。

ステンドグラスパネル「コデマリ」は組み立て段階です

ステンドグラスパネル「コデマリ」の制作も、いよいよ大詰めです。

研磨が終わったピースに銅テープを巻き、後の工程でハンダが着くようにします。

ガラスピース1個1個に、切断面を包むように銅テープを巻く

ガラスピース1個1個に、切断面を包むように銅テープを巻く

銅テープは、粘着剤が付いており、ガラスの切断面に密着します。

銅が巻いてあるピースたち

銅が巻いてあるピースたち

次に、いよいよ組み立てです。台紙の上に数百のピースを並べ、銅テープを隠すように、融けたハンダを流していきます。

ハンダ付け工程です

ハンダ付け工程です。銀色の部分がハンダです。

仕上げは、洗浄と、ハンダの黒染めです。

洗剤で、念入りに洗浄しています。

洗剤で、念入りに洗浄しています。

ここまで、数日で一気に駆け上がります。のんびりやっていると、銅が酸化してきれいに仕上がりません。

コデマリのステンドグラスは、ガラスピースを研磨中

ステンドグラス「コデマリ」のガラスカットは終わり、全てのピースの切断面をルーターで研磨しています。

白いガラスは花のピースです。

白いガラスは花のピースです。

研磨は、回転する砥石にピースを当てて、ぐるりと一周させます。そうすると鋭かった切断面がざらっとした、安全な面になります。

ブルーは背景のピースです

ブルーは背景のピースです

数百枚のピースを1日かけて研磨します。

数百枚のピースを1日かけて研磨します。

ステンドグラス「こでまり」の白いガラス入荷

ステンドグラスパネル「こでまり」の花の部分は、白いリングモトルを使おうと思っていましたが、先日元板が入荷しました。

アメリカはヤカゲニー社のリングモトル

アメリカはヤカゲニー社のリングモトル

透明感があるリングモトルは、ヤカゲニー社に限る。癖があって切りにくいですが、ピースが大きいので苦労なく切り終えました。

こでまりの花の塊は、リングモトルガラスで

こでまりの花の塊は、リングモトルガラスで

ティファニーも紫陽花の花の塊を、リングモトルで大胆に表現していました。それに倣った形ですが、これもきっと面白くなると思います。

別のステンドグラスも同時進行で制作しています。「葡萄」を主題にした横長の作品です。ピンクと青紫のガラスで、葡萄の実を切り出します。

葡萄の実は2色のガラ

葡萄の実は2色のガラスで