k.fukuta の紹介

ステンドグラスとフュージング画の注文制作工房「ステンドグラス工房達風」を主宰する福田勝司です。 写真満載のサイトはhttp://www.tappu.com

ネットで無料・10分水墨画教室・#71「紫露草」、#72「イチョウ」、#73「ピーマン」、#74「クレオメ(西洋風蝶草)」、#75「シクラメン」、#76「烏瓜」

YouTubeの「10分水墨画」は、晩秋の草花が中心です。是非、動画を見て、水墨画を実際に描いてみてください。楽しいですよ。

#71「紫露草」

水墨画「紫露草」

水墨画「紫露草」

#72「イチョウ」

水墨画「イチョウ」

水墨画「イチョウ」

#73「ピーマン」

水墨画「ピーマン」

水墨画「ピーマン」

#74「クレオメ(西洋風蝶草)」

水墨画「クレオメ」

水墨画「クレオメ」

#75「シクラメン」

水墨画「シクラメン」

水墨画「シクラメン」

#76「烏瓜」

水墨画「烏瓜」

水墨画「烏瓜」

オーダーメイドステンドグラス「北斗」は組み立て中

龍ケ崎市のふるさと納税返礼品で制作中のステンドグラス「北斗」は、銅テープ巻きが終わり、最終組み立てです。

台紙の上にガラスピースを配置しています

台紙の上にガラスピースを配置しています

今回の作品はメルヘンチックな題材ですし、色もビビッドなので、見ていて楽しくなります。

並べ終わって、配色を確認

並べ終わって、配色を確認

色バランスも申し分ないです。また北斗七星と北極星のフュージングナギットが、きれいなハイライトで輝き、美しいです。

ハンダ付けを始め、制作は終盤です

ハンダ付けを始め、制作は終盤です

下が完成した作品の写真です。

ステンドグラス「北斗」

ステンドグラス「北斗」

オーダーメイド・ステンドグラス「北斗」はガラスカット中です

中型サイズのステンドグラスパネルの制作が続いています。今は、ガラスカット中。

ただ、星のガラスピースはカット品ではなく、焼成して作るナギットです。ナギットは、おはじきのようにガラスを高温で丸く焼成して作ります。こんもりレンズ型で、独特の虹彩を放ちます。

星のガラスは自家製ナギット

星のガラスは自家製ナギット。電気釜で焼成して作ります。

緑のガラスは、森の木々、黄色は三日月です。

森のガラス

森のガラス

黄色は三日月のピース

黄色は三日月のピース

カットが終われば、研磨と銅テープ巻きです。ふるさと納税返礼品の制作は、県外の人に龍ケ崎市を知っていただく絶好のチャンスです。龍ケ崎市を代表するステンド作家として、責任重大です。

ネットで無料・10分水墨画教室・#65「待宵草」、#66「南天」、#67「石蕗(ツワブキ)」、#68「紅葉(もみじ)」、#69「小菊」、#70「洋梨」

1週2回アップロードしています「10分水墨画」は、通算70回になりました。これだけ揃えると、お好きな花が一つはあるのではないでしょうか。是非、墨をすって描いてみてください。

#65「待宵草」

水墨画「待宵草」

水墨画「待宵草」

#66「南天」

水墨画「南天」

水墨画「南天」

#67「石蕗(ツワブキ)」

水墨画「石蕗」

水墨画「石蕗」

#68「紅葉(もみじ)」

水墨画「紅葉」

水墨画「紅葉」

#69「小菊」

水墨画「小菊」

水墨画「小菊」

#70「洋梨」

水墨画「洋梨」

水墨画「洋梨」

ふるさと納税返礼品オーダーメイド・ステンドグラス制作開始

年末になり、ふるさと納税の季節が来ました。

龍ケ崎市では返礼品として、ステンドグラス・オーダーメイド券を提供しています。その券を使ってのご注文が入り、制作に移っています。

北斗七星と北極星、月、鳥をモチーフにしたメルヘンチックな作品です。横50cmx縦80cmの中規模作品です。

ステンドグラス「北斗」の原画と型紙

ステンドグラス「北斗」の原画と型紙

しばらくこの作品の制作が続きます。

ネットで無料・10分水墨画教室・#59「秋海棠(シュウカイドウ)」・#60「ホトトギス」・#61「柿」・#62「カマキリ」・#63「吾亦紅(ワレモコウ)」・#64「ハナトラノオ」

水墨画の実践動画シリーズ・今回は秋の花を中心に紹介します。どれも10分程度の短い動画です。見ながら、是非実際に描いてみてください。新しい趣味の世界が広がりますよ。

#59「秋海棠(シュウカイドウ)」

水墨画「秋海棠」

水墨画「秋海棠」

#60「ホトトギス」

水墨画「ホトトギス」

水墨画「ホトトギス」

#61「柿」

水墨画「柿」

水墨画「柿」

#62「カマキリ」

水墨画「カマキリ」

水墨画「カマキリ」

#63「吾亦紅(ワレモコウ)」

水墨画「吾亦紅」

水墨画「吾亦紅」

#64「ハナトラノオ」

水墨画「花虎の尾」

水墨画「花虎の尾」

オーダーメイドステンドグラス「椿」は組立工程です

2020年10月はこの作品につきっきりでした。大判のオーダーメイドステンドグラス「椿with鶯」は、銅テープ巻きが終わり、組み立てです。

台紙の上に銅テープを巻き終えたピースを並べていきます

台紙の上に銅テープを巻き終えたピースを並べていきます

全ピースを並べ終えたところです

全ピースを並べ終えたところです

銅テープ部分にペーストフラックスを塗り、その後ハンダを流し込みます。

70Wのセラミックハンダコテで、ハンダ付けをしています

70Wのセラミックハンダコテで、ハンダ付けをしています

どんどんステンドグラスの形になっていくので、楽しい工程です。

片面のハンダ付けが終わりました。

片面のハンダ付けが終わりました。

表面のハンダ付けが終わり、ひっくり返して裏面です。ハンダ付けが終われば、洗浄→黒染めと、いっきに完成へと進みました(下が完成品です)。

和風ステンドグラス「椿と鶯」

和風ステンドグラス「椿と鶯」

椿と鶯のステンドグラスは、ガラス研磨中です

オーダーメイドの大判ステンドグラス「椿」はココ数日、研磨作業です。カットしたガラスの切断面は鋭くて危ないので、ルーターという電動砥石でまるめておきます。

ルーターでの研磨作業

ルーターでの研磨作業

このルーター、20年以上使用しているネンキものです。ON/OFFスイッチはいかれて交換していますし、トッププレートはどんどん削れていくので、アクリル板で繰り返し補強しています(写真ではむづらいですが)。

研磨したピースは、上のコンテナに

研磨したピースは、上のコンテナに

研磨作業が終わったピースは、コパーテープ巻き工程に回します。

研磨終了ピースたち

色とりどりの研磨終了ピースたち

ネットで無料・10分水墨画教室・#53「コスモス」・#54「青鷺」・#55「葛」・#56「紫式部」・#57「ムクゲ」・#58「萩」

水墨画をやってみたいけど、コツコツ基本から身につけるのは億劫だ、という方のために、いきなり完成した1枚の水墨画を描いてみる。しかも10分間のレクチャーで。というコンセプトの動画です。今回は秋の花です。お習字道具と、絵の具を用意して御覧ください。

#53「コスモス」

コスモスの水墨画

コスモスの水墨画

#54「アオサギ」

青鷺の水墨画

青鷺の水墨画

#55「葛(くず)」

葛の水墨画

葛の水墨画

#56「紫式部」

紫式部

紫式部

#57「木槿(ムクゲ)」

ムクゲの水墨画

ムクゲの水墨画

#58「萩」

萩の水墨画

萩の水墨画

オーダーメイドステンドグラス「椿」はガラスカット中です

縦90cmのそこそこ大判のステンドグラスは、玄関室の窓にはめられる予定です。原画は水墨画で、型紙もでき、ガラスカット段階に入っています。

椿の花弁のガラスは、赤のストリーキーガラス

椿の花弁のガラスは、赤のストリーキーガラス

ガラスは、ほとんどがドイツランバーツ社のアンティークガラスです。美しいガラスですし、比較的切りやすいです。

水墨画風ですが、緑のガラスも使います

水墨画風ですが、緑のガラスも使います

葉の一部には緑のガラスも使いますが、このガラスはフィッシャー社という今はないメーカーのアンティークガラスです。貴重なストックから使いました。

ガラスカットはしばらく続きます。