仏画ステンドグラス3点は組み立て終盤

仁王像1対と涅槃像のステンドグラスは組み立ても終盤です。

仁王像の阿形はハンダ作業が終わり、次に赤主体の吽形に入っています。

仁王像の吽形

仁王像の吽形の組み立て開始

吽形は口を閉じている方です。顔の造作はかなり細かく、絵付けをせずに目鼻を表現しています。

吽形の配置完

吽形のガラスピース配置完

使っているガラスは、ドイツのランバーツ社とフランスのサンゴバン社、いずれも高価なセレニウムカラーのアンティークガラスです。今年は、世界情勢の影響で入手がとても困難んです。

次に涅槃図ですが、こちらは絵付けステンドにしました。グリザイユで顔の造作や衣の陰影を描き、焼成しています。

涅槃図は顔などに絵付けを施しています

涅槃図は顔などに絵付けを施しています

このステンドグラスも、暖色系でまとめています。

最後のハンダ付け開始

最後のハンダ付け開始

完成した仁王像のステンドグラスはこちらです。作品の詳しい解説はコチラを御覧ください。

ステンドグラス「仁王像」(グラス工房達風 制作)の完成写真です

また、涅槃像のステンドグラスはこのように完成さいました。作品の詳しい解説はコチラを御覧ください。

ステンドグラス「涅槃像」(グラス工房達風 制作)

 

仁王像のステンドグラス・組み立て開始

仏画のステンドグラス3部作のうち「仁王像」x2枚は、ガラスピースの縁に銅テープを巻きはじめ、作業は終盤です。

ガラスピースに銅テープ巻き

ガラスピースに銅テープ巻き

今年はウクライナ情勢を背景に、銅テープの品薄が続き、一時は組立て作業が危ぶまれましたが、なんとか入手して作業は進んでいます。

一足先に銅テープが終わった「阿行像」から組み立てに入ります。青と緑基調のステンドグラスが全容を現しつつあります。

台紙上にピースを並べいよいよ組み立てです

台紙上にピースを並べいよいよ組み立てです

仁王像のステンドグラス・絵付け中

仏画のステンドグラス3部作「仁王像」x2,「涅槃図」を制作しています。切り終わったガラスピースには引き続きグリザイユで絵付けを施しています。それを電気窯で焼成します。

ライトボックスの上でガラスピースの上に絵付け

グリザイユは白と黒を用います。

電気釜いっぱいにピースを並べます

赤いガラスは高価なセレニウムカラーです

赤いガラスは高価なセレニウムカラーです

絵付けと同時に、他のピースは同時並行で、ルーターを使っての研磨が続いています。

仁王像のステンドグラス・ガラスカット中

埼玉県にあるお寺のご注文で、仏画3部作を制作中です。

先行する仁王像の2枚はガラスカットの最中です。仁王像には阿形と吽形の2柱あるのですが、阿形はブルーとグリーンのガラスで構成しています。

仁王像・阿形の袈裟

阿形のリボンのような意匠

使用しているガラスは、全てドイツのランバーツ社製アンティークガラスです。ここ数ヶ月で大幅値上げです。

吽形は、オレンジとイエロー主体です。

吽形のリボン

吽形のリボン

吽形のボディー

吽形のボディーは高価なセレニウムカラー

ガラスを仕入れながら、しばらくカットが続きます。

仁王像のステンドグラスパネル制作開始

埼玉県のとあるお寺のご住職から、仁王像のステンドグラス2枚一組のご注文を頂きました。他にもご注文はあるのですが、まずこの2作品から着手しました。

仁王像のステンドグラスの現寸型紙

オレンジと、グリーン中心のアンティークガラスで制作します。特にオレンジ・赤系はセレニウムカラーと言って高価で入手も困難です。ほとんどがドイツ製(ランバーツ社)ですが、一部フランス製(サンゴバン社)です。昨今の世界情勢を反映し、今年値段が跳ね上がり、またインポートも不安定です。

オレンジ色のガラスは綺麗です。見ているだけで元気になります。

セレニウムオレンジのガラスで仁王様の衣装部分を作ります

セレニウムオレンジのガラスで仁王様の衣装部分を作ります

緑のガラスはもう一体の仁王様用です

緑のガラスはもう一体の仁王様用です

非常に短納期で、しかも年末は地元龍ケ崎市のふるさと納税返礼品のお仕事が入ってくる繁忙期ですので、綱渡りのスケジューリングです。

人物ステンドグラス「パンドラの壺」「「ペガサスとベレロポーン」の2作完成

人物ステンドグラス「パンドラの壺」

人物ステンドグラス「パンドラの壺」

人物ステンドグラス人物ステンドグラス「ペガサスとベレロポーン(Pegasus & Bellerophon)」

人物ステンドグラス人物ステンドグラス「ペガサスとベレロポーン(Pegasus & Bellerophon)」

573mm×1100mmの大判ステンドグラス2作が完成しました。いずれもギリシャ神話に取材する人物ステンドグラスです。

パンドラの箱という言葉はよく耳にすると思いますが、本来はパンドラの壺だったようです。開けてはならない壺の蓋を、好奇心に駆られた少女が開けてしますと、世の中の邪悪が一気に噴出するというものです。

一方、ペガサスは翼の生えた馬で、英雄ベレロポーンが乗り回し、数々の武功を立てます。ですが、増長したベレロポーンがやがて落馬するという物語です。

これら作品の詳しい記事は、グラス工房達風サイトののパンドラページでとペガサスページで。

ギリシャ神話のステンドグラス「ニケ」完成

ギリシャ神話の女神をモチーフにした人物ステンドグラス「ニケ」

オーダーメイドステンドグラス。
ギリシャ神話の女神をモチーフにした人物ステンドグラス「ニケ」

ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ(nike)」が完成しました。手には月桂樹の冠を手にし、眼下に広がるオリンピアの町に降り立とうとしています。

サイズは695mm×1095mmで、東京にお住まいの方からのオーダーでした。

人物ステンドグラス「ニケ」の取り付け後の様子

人物ステンドグラス「ニケ」の取り付け後の様子

後日、廊下の突き当り、屋内開口に取り付けられました。

※この作品の詳しい説明は、グラス工房達風の作品集ページで。

北欧神話のステンドグラス「イズン」完成

北欧神話に取材する人物ステンドグラス「イズン」

北欧神話に取材する人物ステンドグラス「イズン」
(Idunn,Idunn)

神々に不死のリンゴを配る美しい女神「イズン」を題材にした自主制作ステンドグラスです。これまでギリシャ神話をよく題材にしたのですが、以前「ワルキューレ」を制作してから、北欧神話にも興味を持つようになり、この作品で北欧3作目です。

サイズは645×1050mmと大判です。前作「フレイヤ」と同じサイズです。

※この作品の詳しい説明は、ステンドグラス工房達風の作品集ページで。

北欧神話を題材にしたステンドグラス「フレイヤ」完成

人物ステンドグラス「フレイヤ」(Freyja)

人物ステンドグラス「フレイヤ」(Freyja)

以前にワルキューレという北欧神話の半神半人の女神?をステンドグラスにして、俄然北欧神話に興味を持ちました。そして、この作品はそのシリーズ第2作です。猫に馬車ならぬ猫車を引かせる美しい女神「フレイヤ」をモチーフにしています。

645×1050mmの大判ステンドグラスです。通販目的で自主制作しました。

※この作品の詳しい説明は、ステンドグラス工房達風サイトの作品集ページで。

ふるさと納税返礼品オーダーメイドステンドグラス「聖母」完成

オーダーメイドステンドグラス「聖母」

オーダーメイドステンドグラス「聖母」

宗教的なステンドグラスを作ることは、そう多くなく、キリスト教関連は特に少ないです。この作品な、そんな中の貴重な1作です。工房のある龍ケ崎市へふるさと納税してくださった方への返礼品です。

500×1000mmの大判のステンドグラスで、埼玉県の方に納品しました。

※この作品の詳しい説明は、ステンドグラス工房達風サイトの作品集ページで。