家型ステンドグラスランプ「猫のケーキ屋」制作

最近、悪ノリ猫シリーズの家型ステンドグラスランプを量産しています。まあ、色々アイディアが浮かぶのと、作り置きしておくと結構売れるので、暇な時の自主制作に向いています。

猫のケーキ屋の各面を焼成

猫のケーキ屋の各面を焼成

ステンドグラスといっても、家の各面はフュージングタイルという電気窯で焼成して作るガラス単板です。透明ガラス板の上に、カラフルなガラスフリットを敷き詰め、焼きます。その後、ユーモラスな猫たちを絵付けするわけです。

電球を点けた「猫のケーキ屋」

電球を点けた「猫のケーキ屋」

各面は、接客中の猫や、ケーキ製作中のパティシエ猫が、可愛く描いてあります。

作品詳細はこちら。

家型ステンドグラスランプ「猫のアパルトマン」制作

家型のステンドグラスはわりとポピュラーな部類になりますが、私が作るのは、全面重厚なフュージングタイルでできています。まずこのフュージングを作るところから作業は始まります。

白いガラスパウダーをふりかけてこれから焼成

白いガラスパウダーをふりかけてこれから焼成

ガラスタイルには、白のガラスパウダーや、色とりどりのガラスフリットを載せて、数回に分けて電気釜で焼成します。最後に、グリザイユという顔料で悪ノリ猫たちを描いて焼成します。

完成した「猫のアパルトマン」

完成した「猫のアパルトマン」

フュージングタイルを真鍮棒とハンダで組み立てて完成です。中に電球をつけたランプベースを置けば、素敵なランプの置物です。絵柄は、個性豊かな悪ノリ猫が住む6室の外観です。読書をしたり、ワインを飲む猫もいます。

作品紹介はこちら

オーダーメイドステンドグラス「北斗」は組み立て中

龍ケ崎市のふるさと納税返礼品で制作中のステンドグラス「北斗」は、銅テープ巻きが終わり、最終組み立てです。

台紙の上にガラスピースを配置しています

台紙の上にガラスピースを配置しています

今回の作品はメルヘンチックな題材ですし、色もビビッドなので、見ていて楽しくなります。

並べ終わって、配色を確認

並べ終わって、配色を確認

色バランスも申し分ないです。また北斗七星と北極星のフュージングナギットが、きれいなハイライトで輝き、美しいです。

ハンダ付けを始め、制作は終盤です

ハンダ付けを始め、制作は終盤です

下が完成した作品の写真です。

ステンドグラス「北斗」

ステンドグラス「北斗」

オーダーメイド・ステンドグラス「北斗」はガラスカット中です

中型サイズのステンドグラスパネルの制作が続いています。今は、ガラスカット中。

ただ、星のガラスピースはカット品ではなく、焼成して作るナギットです。ナギットは、おはじきのようにガラスを高温で丸く焼成して作ります。こんもりレンズ型で、独特の虹彩を放ちます。

星のガラスは自家製ナギット

星のガラスは自家製ナギット。電気釜で焼成して作ります。

緑のガラスは、森の木々、黄色は三日月です。

森のガラス

森のガラス

黄色は三日月のピース

黄色は三日月のピース

カットが終われば、研磨と銅テープ巻きです。ふるさと納税返礼品の制作は、県外の人に龍ケ崎市を知っていただく絶好のチャンスです。龍ケ崎市を代表するステンド作家として、責任重大です。

ふるさと納税返礼品オーダーメイド・ステンドグラス制作開始

年末になり、ふるさと納税の季節が来ました。

龍ケ崎市では返礼品として、ステンドグラス・オーダーメイド券を提供しています。その券を使ってのご注文が入り、制作に移っています。

北斗七星と北極星、月、鳥をモチーフにしたメルヘンチックな作品です。横50cmx縦80cmの中規模作品です。

ステンドグラス「北斗」の原画と型紙

ステンドグラス「北斗」の原画と型紙

しばらくこの作品の制作が続きます。

オーダーメイドの和風ステンドグラス「朝顔」はテープ巻き中です

龍ケ崎市ふるさと納税返礼品のオーダーメイドステンドグラス「朝顔」は、制作も佳境、テープ巻きです。

カエルのピースなどルーターで研磨しています

カエルのピースなどルーターで研磨しています

カットしたガラスピースは、テープが着きやすくするため、切断面に軽くルーターを掛けて、研磨します。

その後、この断面を包むように、ガラス厚より若干幅広の銅テープを貼り付けていきます。

粘着剤のついた銅テープを巻いていきます

粘着剤のついた銅テープを巻いていきます

この作業が終われば、いよいよ組み立て→完成です。

和風ステンドグラス「朝顔」

和風ステンドグラス「朝顔」

オーダーメイドステンドグラス「藤」は組み立て段階です

縦70cm☓横41cmのこぶりなステンドグラス「藤」は最終の組み立て段階です。テープを巻き終えたピースを猫の手を借りて、台紙上に並べています。

台紙上にピースを並べています

台紙上にピースを並べています

300ピースのジグソーパズルみたいなものです。でも、ピースに番号が振ってあるので簡単です。

ハンダ付けして一枚の絵に仕上げます

ハンダ付けして一枚の絵に仕上げます

藤の花のヴァイオレットと、葉のグリーンが、良いコントラストです。今回、背景に青空をイメージしたブルーも入れてみました。龍ケ崎市のふるさと納税返礼品として、今月末に発送する予定です。

和風ステンドグラス「藤」は、銅テープ巻き

龍ケ崎市のふるさと納税返礼品で作らせて頂いているオーダーメイドステンドグラス「藤」は、折り返し地点のテープ巻き作業です。

テープ巻きに夢中の小学生たち

テープ巻きに興じる小学生たち

研磨が終わったガラスピースの切断面を包むように、銅テープを巻いていきます。ここのところ、この作業は小学生の娘たちも手伝っています。小学生もかりだり出されるほど忙しいのか、と言えばそうではありません。今、世の中は新型コロナウイルスの影響で、小学校が長期休みなのです。それで、暇を持て余している子どもたちに作業を「やらせてあげている」というわけです。小学生は、仕事は遅いですが、丁寧な仕上がりです。

小5の姉

小5の姉

小3の妹

小3の妹

私の仕事は、ステンドグラスの周囲を補強する真鍮棒の加工。

真鍮製の補強枠も仕上がっています

真鍮製の補強枠も仕上がっています

ふるさと納税返礼品のオーダーメイドステンドグラス「藤」はガラスカット中

龍ケ崎市のふるさと納税返礼品として作らせてもらっている、オーダーメイドステンドグラス「藤」はガラスカット中です。藤という植物は、花も葉も細かいのでガラスピースが小さくなり、数も多くなる傾向にあります。全部で300強のピースを切り出します。

緑のガラスは葉、ブルーは空です

緑のガラスは葉、ブルーは空です

和風の配色ですが、お客様のご要望で、葉は緑色にしました。枝(蔓)はグレーです。

枝のガラスはグレー

枝のガラスはグレー