作品集|墨のみ(彩色せず)

作品集(Gallery)

#162 セキレイ

最近工房の周りでハクセキレイをよく見かけるようになりました。背中が灰色のやつです。私が子供の頃はあまり人里にはいなかったように思います。一方、セグロセキレイは昔から人懐っこく道路を歩いています。背中が黒いやつです。今回は2羽の...
作品集(Gallery)

#161 里芋

里芋の実ではなく葉や茎を描きます。大きな葉と長い茎を威勢よく描きます。
作品集(Gallery)

#157 満月

2021年の9月は数年ぶりに、中秋の名月が満月になりました。中秋が必ずしも満月ではない、ということを最近知りました。この水墨画は、中秋の翌日に撮影した「ほぼ満月」を元に描きました。雲と月の共演です。 ...
作品集(Gallery)

#155 稲

工房のある茨城県県南は平野部が多く、米どころです。住宅街と田んぼがまだら模様に存在し、四季を通じて日本の原風景を楽しめます。稲の刈り取りの時期にあわせて、株をクローズアップする感覚で描いてみました。
作品集(Gallery)

#143 カブトムシ

教室のある茨城県龍ケ崎市は自然が多く、カブトムシもたくさんいます。朝、散歩していると決まった木に止まって、蜜を吸っています。これだけ日常的に目にしていると、捕りたいとも思いませんが、絵には描いてみたいです。ということで、カブ...
作品集(Gallery)

#141 蝉

子供の頃、夏になると捕まえた蝉を水墨画で描きました。蝉は単純な形をしているようで、実は羽の角度など、描くには難しい面があります。最初によく輪郭を確認してから描きましょう。
作品集(Gallery)

#140 鳩 – キジバト –

子供の頃から鳩の動きを眺めるのが好きで、よく絵に書いていました。今でも飛び立つときのぱっと翼が広がる瞬間が好きです。工房の近くではドバトは殆ど見られず、キジバトばかりです。鳴き声も可愛らしいキジバトを群れで描きました。一羽一羽...
作品集(Gallery)

#136 白鷺

工房のある茨城県龍ケ崎市は米どころで、田んぼがたくさんあります。その田んぼの休耕田は、水が溜まってサギや水鳥の楽園です。特にサギは白鷺(ダイサギ、チュウサギ、コサギ)、アオサギと種類も豊富です。今回は淡墨で、白鷺を描いてみまし...
作品集(Gallery)

#127 カエル

アマガエルは日本画にはよく登場しますね。決して主役ではなく、どちらかというと、植物を引き立てる脇役として。世界中で愛されるカエルと主役として描きました。絵手紙に使われる和紙の葉書に、墨だけで描きました。 ...
作品集(Gallery)

#123 ケヤキ

真っすぐ比較的細い枝が放射状に伸びるケヤキです。中心となる幹がないのも特徴です。葉を先に描き、その間に枝を描く手法です。
作品集(Gallery)

#119 ヤマボウシ

大きな十文字の白い花が印象的なヤマボウシです。花水木の近縁種で、ミズキ科です。白い花(といっても白い部分は花弁ではなく苞ですが)を淡墨で描きます。
作品集(Gallery)

#111 筍(タケノコ)

春になると、知人から筍を頂きます。頂いたものは食べる前に「絵にできないものか?」と考える癖がついています。この筍も、なかなか絵になる形状です。
作品集(Gallery)

#102 白木蓮

早春を告げる花木「ハクモクレン」を墨だけで描いています。白い花は淡墨です。縁取りもせず没骨法(もっこつほう)で描きました。
作品集(Gallery)

#100 猫

工房で飼われている黒猫を墨のみで描きました。黒猫とカラスほど墨が似合う画題はないですね。滲みを利用して、毛のふんわり感を出しています。
作品集(Gallery)

#98 ふきのとう

春の味覚、山菜の代表格「蕗の薹」です。水墨画で良く採り上げられる画題でもありますので、しっかり墨だけで描いてみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました