フュージング画「竹林」は、ガラスパウダーの積層融着中です

この作品は、ベースになる透明の板ガラス以外、ほとんどの場所でガラスパウダーで、着色しています。一部、雀の羽の部分に薄い板ガラスを使ってはいますが。

竹の部分は、エメラルドグリーンのパウダーを茶漉しでふるい落として、色付けしています。パウダー方式の場合、ボール紙でマスクを大量に作り、粉が飛び散らないように遮蔽して散布します。

竹の部分のガラスパウダー散布

竹の部分のガラスパウダー散布

この時最も気を遣うのが、先に撒いたガラスに絶対に触れないと言う点です。パウダーはベース板の上に、砂埃のように載っているだけなので、クシャミや、服の裾、マスキングが不用意に当たると、剥がれてしまいます。

下の写真は、パウダー散布1回目の融着(フュージング)後です。

1回目のパウダー融着(フュージング)後

1回目のパウダー融着(フュージング)後

この後、色合いを見て、2回、3回と、積層して融着させていきます。また、部分的にアクセントとなる黄色のパウダーを散布します。黄色のガラスは、熱を加えるまでは白いので、周囲との色バランスを掴むのが難しいのです。

黄色のパウダー積層

黄色のパウダー積層

下の写真は、5回目の積層です。黄色のアクセントは、すでに融着して有ります。この回は、地面の笹の落ち葉を表現する工程です。

5回目の融着直前

5回目の融着直前

落ち葉の融着直後

落ち葉の融着直後

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA