龍ケ崎市ふるさと納税 返礼特別作品 過去作品

No.21013

フュージング画

わるのり猫シリーズ
「月夜のフラメンコ "The flamenco in the moon night"」

月夜のフラメンコ
フュージング画「月夜のフラメンコ」(額付)

月夜のフラメンコ
部分拡大写真

サイズガラス本体: 横400mm×縦605mm×厚5mm
額外形: 横470mm×縦675mm×厚30mm
付属品木製額
設置場所壁や窓辺に吊るして飾ってください
制作経緯自主制作
制作年2019年

 色とりどりのガラスフリット(ザラメ状のガラスの粒粒)を透明の板ガラスの上に振り撒いて融着させて作った、フュージング画です。 七宝焼きのように高温(780℃)で焼成し、しかも冷めてから繰り返しフリットガラスを重ねて焼成していますので、 引き込まれるような複雑な色模様です。
 黒い輪郭線は、グリザイユと言う(金属粉を主原料とした)伝統的なステンドグラス用顔料で線描きしています。 このグリザイユも、高温で焼成していますので、ガラス面と一体化しています。

 この「わるのり猫」シリーズは、2002年から作り続けている定番モチーフです。 擬人化した猫達が、夜な夜な街に繰り出し、フラメンコの演奏とダンスに興じる様子です。 手拍子を取り歌うカンタオール、フラメンコギター、カホンなどが、軽快な音楽を奏で、バイラオーラがカスタネットを打ち鳴らして踊ります。 人々は家に帰り、猫達のパラダイスと化したスペインの下町をイメージしています。

反射光にて撮影
(ガラス部分のみ壁の前に置いて撮影)バックライトが無くてもきれいです。

窓からの光
(ガラス部分のみ窓辺に置いて撮影)


前へ 閉じる 次へ

ステンドグラス工房達風 HOMEへ