No.21012

ステンドグラス パネル

「アガパンサス」

stained glass Idunn
ステンドグラス「アガパンサス」(背後に白い曇りガラスを置いて撮影)

サイズ705mm×695mm×2枚
設置場所東京都:個人宅
制作経緯オーダーメイド
制作年度2019年

 モネの絵画「睡蓮とアガパンサス」のモチーフを拝借してデザインしました。 というより、施主様の「同絵画の雰囲気をステンドグラスに」というリクエストでしたので、 遠景に池と睡蓮、近景にアガパンサスという構成を用いました。 絵のち密さや、植物の配置、配色、絵作りは当工房のオリジナルです。

 アガパンサスは、百合やヒガンバナに近い植物で、長い茎の先端に多数の花をボール状につけます。 この花のボールが、構図を面白くしていると思います。

 実際に設置する場所は、窓が上下2枚50cmの間隔をあけて並んでいます。 ですので、2枚の絵がつながって見えるようにデザインしました。 最下部が近景で、上に行くほど遠ざかるように、池や睡蓮を配置しました。


(工房の窓辺で撮影:背後は隣家)


前へ 閉じる 次へ

ステンドグラス工房達風 HOMEへ