No.20014

フュージング画

「うつろい」

うつろい
フュージング画「うつろい」

サイズガラス本体外形: 横48cm×縦81cm×厚4mm×2枚
木製額: 横56cm×縦91cm×厚4cm×2枚
付属品木製額
設置場所白い壁の前に吊るす/窓辺に吊るす
ご購入方法

・当サイトの通販ページでご購入
2枚一組:税抜360,000円/税込み388,800円(送料込み)


 季節の移ろいを、1本のモミジの樹の中に表現しています。 下の方から、春の淡い緑→夏の濃い緑→上の方は色づき始めた葉。
 このモデルの樹は、いつもウォーキングしている自然公園の中にあります。 1本のモミジがどのように紅葉していくのか観察していると、表面というか上の方から始まるようです。 日当たりか、風当たりが強いところからなのでしょうか。 いずれにしても、緑とオレンジ、赤が同居している短い期間は、とても美しいです。
 また、キジも同公園内で良く見かけます。オスは、縄張りを主張して羽ばたきながら良く鳴いています。 メスは子連れのときもあり、小さくてかわいいです。

 技法的には、色ガラスのパウダーをモミジの葉の形に置いて、焼成しました。 7回ほど繰り返し、また重ねて焼成して、深みとグラデーションを出しています。 最後に、グリザイユと言う金属粉を主原料にしたステンドグラス用顔料で、輪郭と陰影を描き、焼成しています。

 販売時は、木製額にお入れしてお届けします。 窓辺に吊るして光を通して見る場合と、壁際に吊るして反射光で見る場合とでは、表情が異なります。 どちらでも楽しめます。

フュージング画(展覧会)
フュージング画「うつろい」(背後は白壁)


(透過光で撮影/背後は庭)

拡大
(部分拡大写真)

拡大
(部分拡大写真)

拡大
(部分拡大写真)


前へ 閉じる 次へ

ステンドグラス工房達風 HOMEへ