ノートPC(DELL Inspiron15-3567)のHDDをSSDに換装しました(備忘録)

仕事で2年半ほど使っているノートPC(DELL Inspiron 15-3567)が遅くなってきたので、内蔵HDD(ハードディスク・ドライブ)をSSD(ソリッドステイト・ドライブ)に換装します。同時に、メモリーも4GB追加して、計8GBにします。

PCの処理速度低下の原因は色々ありますが、その第1(律速段階)は、HDDのシーク増だと思います。シークとはHDDのヘッドがトラックをまたいで忙しく動き回る動作で、これが日に日に増していきます。シーク増加の原因も多々ありますが、ソコのところは深く追求しないことにして、そもそもシークが存在しないSSDに取り替えて、一気に解決したいと思います。

PCの処理の遅さに我慢できなくなったら、耳を澄ましてみて下さい。「コロコロコロ」とか「チリチリチリ」とシーク音が鳴り続けているときがあります。こんな時は、SSDへの換装のタイミングだと思います。今、SSDも500GBで8,000円程度になり、手の届くデバイスになってきましたね。

【うちのDELLスペック】

COREi3 6006U 2GHz/RAM 4GB/HDD 1TB/Win10 HOME 64bit/DVD RW

DELLは、サービスマニュアルがネット上に公開されているので、予め見ておくことをおすすめします。

DELLサイトのマニュアル

DELLサイトのサービスマニュアル

【今回買ったもの】

・SSD HP S700 2.5” 500GB  ツクモで 6,908円
・2.5inch HDD・USBケース  HDE-04(USB2) ツクモで 882円
・中古メモリー DDR4 PC4-2666V-SC0-11 4GB ヤフオクで1,800円

買ったモノたち

買ったモノたち(左から、メモリー、SSD、HDDケース)

【1.クローンの作成】

1)SSDをHDDケースに入れて、PCにUSB接続します。このケースは、SSDのSATA接続をUSBに変換するもので、この換装作業のみに必要だったのでUSB2の廉価なものにしました。

SSDをPCにUSB接続

SSD(手前)をPCにUSB接続

2)そのままではPC側でSSDをドライブとして認識しないので、エクスプローラー→PC→右クリック→管理→ディスク管理→SSDを右クリック→新しいシンプルボリューム作成→次へ→次へ→次へ...で、ドライブとして認識させます。

SSD認識前の管理画面

SSD認識前(下の黒い線)の管理画面

SSD認識御の管理画面

SSD認識後(青に変化/E:ドライブ)の管理画面

3)クローン作成ソフトEaseUS Todo Backup(30日間お試し)を窓の杜からインストール。クローン作成ソフトも種々あるようですが、これが有名なので、試すことにします。

EaseUS todo Backupのダウンロード

EaseUS todo Backupのダウンロード画面(窓の杜)

4)左メニューから「クローン」を選択

※ちなみにメニューには「クローン」と「システムクローン」の2通りがありました。後者を選ぶと、「GPT(HDD)→MBR(SSD)へのクローンはできない」と拒否されました。でも、上記「クローン」を実行すると、SSDは自動的にMBRからGPTに変換されるみたいです。

5)約3時間でクローン終了。いやー時間がかかりました。途中、「止まってしまったんじゃないか」と思うほど、処理が進まない時がありました。

クローン作成完了画面

クローン作成完了画面

【2.DELLバッテリーとオプティカルドライブを外す】

1)ここから、ハードウェアのお仕事です。DELLのノートPCははっきり言って、蓋開けが大変です。他社のPCなら、HDDの換装は概ね裏蓋を外すだけで良いのですが、DELLはキーボードなども外さなければなりません。

まず、裏のバッテリーを外しておきます。

2)ネジ一個を外し、オプティカルドライブ(DVD-RW)をスライドして外します。

ネジ1本をは外し、オプティカルドライブ(DVD-RW)を引き抜く

ネジ1本をは外し(上赤矢印)、下の穴(下赤矢印)にドライバーを差し込み、オプティカルドライブ(DVD-RW)を引き抜く

【3.DELLキーボード外し】

1)ぱっちんどめのキーボードを、マイナスドライバーでこじて外します。この時、ドライバーでこじるのは上側(LCD側)一辺の5箇所だけでよく、その後、上一辺を爪で引き上げ、キーユニットを上側にスライドさせる要領で抜きます。フレキケーブルをコネクタから外します。

キーボードユニットと本体の隙間にマイナスドラーバーを差し込み、こじ開ける

キーボードユニットと本体の隙間にマイナスドラーバーを差し込み、こじ開ける

LCD側にスライドして引き上げる

LCD側にスライドして引き上げる

2)板金上のネジM2*5 5個を外します。中央のフレキケーブルをコネクタから外します。

ネジ5個と、フレキコネクタ外し

ネジ5個と、フレキコネクタ外し

【4.DELL裏蓋外し】

1)本体を裏返し、ネジ計13本外します。ネジは3種類あるので、間違えないように。

2)ぱっちんどめの裏蓋をマイナスドライバーでこじて外します。この時、オプティカルユニットを外してできた隙間に指を差し入れ、上に引き上げる要領で、一個一個の爪を外していきます。

裏蓋のネジを外した後、蓋を手で引き剥がす

裏蓋のネジを外した後、蓋を手で引き剥がす

【5.HDD外し、SSD装着】

1)ネジ4本を取り、フレキケーブルも本体から外して、HDDを取り出します。

裏蓋を外した様子。この後HDDのネジ4個を外す

裏蓋を外した様子。この後HDDのネジ4個を外す

2)さらにネジ4本を外してブラケットとHDDを分離します。

HDDからブラケットを外す(ネジ4本)

HDDからブラケットを外す(ネジ4本)

3)SATA変換ケーブルもHDDから引き抜いて外します。

ブラケットと変換ケーブルが外れたHDD

ブラケットと変換ケーブルが外れたHDD

4)SSDをHDDケースから取り出しておきます。SSDにDELLのブラケットと変換ケーブルを付け、ネジ4本で本体に装着します。

SSDにさっき外したブラケットを装着

SSDにさっき外したブラケットを装着

SSDを本体に取り付けます

SSDを本体に取り付けます

【6.メモリーカード装着】

メモリー(RAM)の空きスロットに、メモリーカードを増設します。コネクタに斜めに差し込み、上から押してぱっちんどめ。

メモリー(RAM)の空きスロットに、買ってきたメモリーカードを増設します。コネクタに斜めに差し込み、上から押してぱっちんどめ。

【7.裏蓋とキーボード、オプティカルユニットを戻す】

外したときの逆の順序で、戻していきます。

キーボードを戻す前に、フレキの装着を忘れずに

キーボードを戻す前に、細いフレキの装着を忘れずに

キーボードを戻す前に、フレキの装着を忘れずに

キーボードのフレキも差し込んで接続。

【8.蓋戻す】

【9.動作確認】

ハードの改造が終わったら、スイッチを入れて動作確認です。

いきなりBIOS画面になったので、SSD(赤矢印)と8GBのメモリーが認識されているか、確認します。Exitして、Windowsを立ち上げます。

PC立ち上げるとBIOS画面になったので、SSDを認識しているか確認

PC立ち上げるとBIOS画面になったので、SSDを認識しているか確認

無事、Windows10が立ち上がりました

無事、Windows10が立ち上がりました!

予想していたことですが、とても高速になりました。ちなみにWindows10の立ち上げに掛かる時間は、
・改造前:2分30秒
・改造後:30秒
と、1/5に短縮しました。その他、アプリの動作も軒並み倍速以上の体感です。みなさん、どうぞ(自己責任で)お試し下さい。

ちなみに、動画(以下)も御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA