和風丸型ステンドグラス「椿」は組み立て中です

直径55cmのステンドグラスは、組み立て段階に入りました。

ピースにカットし終わったガラスには、縁の部分に銅テープを巻いていきます。そしてヘラで押さえて、貼りシワを延ばします。これも、全てのピースに施すわけですから、地道な作業です。

ガラスピースに銅テープを巻いています

ガラスピースに銅テープを巻いています

テープを巻き終わったガラスピースたち

テープを巻き終わったガラスピースたち。花や葉の色が鮮やかです。

さて、いよいよ組み立てです。ステンドグラス用の台紙に、各ピースを並べていきます。

台紙上に、ガラスピースを並べています

台紙上に、ガラスピースを並べています。手の右側に、鳥が見えます。

全ての位置を微調整したら、フラックスを塗ってから、ハンダ付けしていきます。

ハンダを銅テープ部分に流し込んで、ピースを繋いでいきます

ハンダを銅テープ部分に流し込んで、ピースを繋いでいきます

ハンダが終われば、完成は間近です。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA