作品集 gallery無鉛ステンドグラス(フュージング)

21027「月夜の操車場 “The yard in the moonlight night”」- 販売中 –

色とりどりのガラスフリット(ザラメ状のガラスの粒粒)を透明の板ガラスの上に振り撒いて融着させて作った、フュージング画です。 七宝焼きのように高温(780℃)で焼成し、しかも冷めてから繰り返しフリットガラスを重ねて焼成していますので、 引き込まれるような複雑な色模様です。
黒い輪郭線は、グリザイユと言う(金属粉を主原料とした)伝統的なステンドグラス用顔料で線描きしています。 このグリザイユも、高温で焼成していますので、ガラス面と一体化しています。

デザインは、2002年からの当工房の定番モチーフである「わるのり猫」シリーズです。 擬人化したジャズマン猫達が、夜な夜な鉄道操車場に繰り出し、路上ライブを繰り広げる様子です。 古き良きニューヨークの地下鉄操車場を彷彿とさせるこの街には、ジャズセッションが良く似合います。 終電も終わり、寝静まった操車場は、音楽好きの猫達にとってはパラダイスです。

この作品には、額縁に光源を備えたLEDバージョン(後述)もございます。

サイズ: ガラス本体: 横400mm×縦605mm×厚5mm
額外形: 横470mm×縦675mm×厚30mm
設置場所: (例1)白壁の前に吊るす
(例2)窓辺に吊るす
(例3)電球バックライト付きスタンド上に載せ、ランプとして使用
制作経緯: ふるさと納税返礼品(龍ケ崎市)
制作過程: 詳しくはブログの記事で
制作年度: 2019年
ご購入方法:

ご購入方法は以下(1)(2)の2通りです。

(1)ふるさと納税の返礼品として、以下のサイトからお申し込み
ロゴさとふる

(2) 当工房から通販で購入→まずはメールフォームでお問い合わせください

・ノーマルバージョン
90,000円(本体)+4,000(送料) <税込み>

・LEDステンドグラスバージョン
100,000円(本体)+4,000(送料) <税込み>
※LEDステンドグラスバージョンは、ふるさと納税返礼品としては取り扱っておりません。当工房直販のみとなります。

21027「月夜の操車場
フュージング画「月夜の操車場」(白壁の前で撮影)

21027「月夜の操車場
フュージング画「月夜の操車場」(工房の窓辺で撮影)

21027「月夜の操車場
(部分拡大写真)

LEDステンドグラスについて

この作品はLEDのバック光源を備えた「LEDステンドグラス」にグレードアップすることができます。 その場合、光源があるので、飾る場所を選びません。窓が無くても、明るいステンドグラスを楽しめます。
※LEDステンドグラスバージョンは、ふるさと納税返礼品としては取り扱っておりません。当工房直販のみとなります。

「月夜の操車場LED
LEDバック光源(白色)をつけた状態

・LEDはRGB3原色を備えていて、その合成で様々な色を発することができます。 ですので、オーロラのように刻々色を変化させて、幻想的な美しさを楽しめます。
・付属のコントローラーで、色の変化の仕方やスピードを調整できます。
・単色の固定モードもあります。

「月夜の操車場LED
刻々色を変えていくモードは、とても幻想的です

・LED光源は額縁の中にあるのでガラス面を邪魔しません。ですので窓辺に置けば普通のステンドグラスとして透過光で見られます。 ・フュージング画ですので、バック照明を消して、室内光(反射光)でも美しく見られます。 ・消費電力10W/100V電源(ACアダプター)使用で経済的です。

タイトルとURLをコピーしました