龍ケ崎市ふるさと納税 返礼特別作品(過去作品)

無鉛ステンドグラス(フュージング画) 絵皿

No.17418 「コスモス」

フュージング画 絵皿「コスモス」
フュージング画 絵皿「藤」

フュージング画 絵皿拡大
拡大すると、無数の細かい色ガラスの粒で点描されている様子が分かります

サイズ横39×縦26×高5cm(× 厚4mm)
付属品バックライト付き木製スタンド
設置場所窓辺、食卓など飾る場所を選びません
制作経緯龍ケ崎市 ふるさと納税 返礼作品
制作年度2015年度
ご購入方法 ありがとうございます 完売しました

  この作品は、地元龍ケ崎市の要請で、ふるさと納税(ふるさと龍ケ崎応援寄附制度)のために、 返礼作品として特別に制作したものです。一点もののハンドメイド品です。

  地元龍ケ崎の玄関口と言えば、JR常磐線の佐貫駅です。 この駅の東口から、市の中心街に向けて1本の太い道路=龍宮通りが通っています。 何時の頃からかは知りませんが、ボランティアの方々がこの道路に沿って、数キロに渡って路肩に草花を植えてくれるようになりました。 とても手入れが行き届き、四季折々に美しい花を咲かせます。 1種類の花を統一的に植えるので、景観デザイン的にも優れています。

  秋には、赤、ピンク、白のコスモスが咲き乱れ、この道路はコスモス街道になります。 車で、コスモスの揺れる街道を走ると、とても気持ちが癒されます。

  今回絵皿のデザインとして、このコスモスを思い浮かべ、コスモスの花言葉である「乙女の真心」から、若い女性のシルエットと共に描き込みました。 右の方には、花の番人のように可愛いカマキリも描きました。 色合いは、さわやかに、ターコイズブルーとピンクのハーモニーを意識しました。 その中に、赤や黄、ブルー、パープルを少しずつ散らし、複雑な色模様を描きました。 まるで乙女心のようです。

  輪郭線は、グリザイユと言う金属粉を主原料にした顔料で、一気に描き上げ、素描画のもつ清潔感を出しています。 このグリザイユも740℃という高温でガラス面に焼き付けてあり、その比重でガラス内分に浸透していますので、剥がれる心配はありません。

  観賞美と実用性を備えた、一点物の絵皿『コスモス』は、バックライト付き特製スタンドも付属していますので、 インテリアランプとしてもご使用いただけます。

同シリーズ作品は、以下のサイトで取り扱っています

ふるさとチョイス


前へ 閉じる 次へ

ステンドグラス工房達風 HOMEへ