20年前のステンドグラスランプの修繕

20年前にオーダーメイドで作らせていただいたオリジナル・ティファニーランプ「蔦」の修繕をしました。東日本大震災の際に落下して、一部ガラスが破損していたものです。

奇跡的に、ほんの一部分だけガラスが割れて陥没しています

奇跡的に、ほんの一部分だけガラスが割れて陥没しています

懐かしいランプとの再会でした。とても綺麗に使っていただいており、ほんの数日前にお納めしたかのように、ホコリひとつ、サビひとつないシェードでした。

ハンダコテで周囲を溶かしながら、ピンセットでガラスを取り除きました

ハンダコテで周囲を溶かしながら、ピンセットでガラス片を取り除きました

ガラスがいい具合に粉々に砕けていたので、ハンダコテで周囲を融かしながら、ピンセットで取り外しました。

当時の型紙をセンターファイルから出してきて、当該箇所のコピーを取ります

当時の型紙をセンターファイルから出してきて、当該箇所のコピーを取ります

当時と同じガラスがなかったので、近い色のガラスで新ピースを作ります

当時と同じガラスがなかったので、近い色のガラスで新ピースを作ります

当時の型紙を使って、ガラスピースを作り直すのですが、使っていたウロボロスのガラスが生産中止(というか、会社自体も消滅)なので、近い色の他のガラスを使用しました。

ルーターで新ピースの形を整え、はめ込みます。

ルーターで新ピースの形を整え、はめ込みます。

新ピースをハンダ付けして、黒染めして終了です。

きれいに直りました

きれいに直りました

さらに永く愛していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA