丸いステンドグラスを制作中です

オーダーメイドで直径50cmの丸いステンドグラスを制作しています。デザインは、ちょっと抽象的な、でも分かりやすい「日の出」と名付けたものです。赤やオレンジ色、ブルーが同居する、私としては派手な部類のデザインだと思います。

研磨して、形を整えているところ

ガラスピースをルーターというダイヤモンドの回転砥石で、研磨して、形を整えているところです。

ガラスは80%がアンティークガラスです。アンティークと言っても、中古の板ガラスを探してきて使っている、というわけではありません。一種の業界用語で、アンティークな手法=つまり手拭きで作った(新しい)ステンドグラス専用板ガラスのことです。ドイツのランバーツと、フランスのサンゴバンを使っています。

残りの20%は、米国製のハンドロールガラスです。

研磨が終わって整頓されているピースたち

研磨が終わって整頓されているピースたち

ステンドグラスの組み立ては、型紙の上に銅テープを巻いたピースを並べるところから始まります。だんだん絵が出来ていくようで、わくわくします。

ピースを型紙上に並べ、いよいよ組み立ての開始です

ピースを型紙上に並べ、いよいよ組み立ての開始です

ピースとピースの間に、融けたハンダを流し込み、つなげていきます。

ハンダ作業中

ハンダ作業中

ハンダは、銅テープにしかつかないので、ガラスが汚れることはありません。

ところで、ステンドグラス制作を続けていると、ガラスの端材がたくさん出ます。これをためておいて、時々フュージング技法を使って、アクセサリーを作っています。これが、時々売れるので、嬉しくなってまた作るのですが。で、だめもとで、通販サイトをこしらえて、そこでも販売してみようかな、と思っています。

フュージング・アクセサリー通販サイトを作っています

フュージング・アクセサリー通販サイトを作っています。普段は、工房に来て下さった方にだけご提供しているものです

とは言っても、いまどき。サイトを作っても、気合を入れたSEOをしないと、誰も検索して見に来てくれないんですけどね...これがまた大変で。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA