フュージング画「夜桜」に花を咲かせています

大判のフュージング画の制作が続いていますが、ようやく、本体にピンクの桜の花を咲かせる段階にきました。

実は今まで、花の表現方法をどうしようかと、試作を続けながら検討してきました。その結果、今回はガラスパウダーを花の形に載せて焼成することにしました。ちなみに却下されたのは、薄板を載せる方法です。

花の形のマスクを使い、ガラスパウダーをベースガラス上に振り掛けます

花の形のマスクを使い、ガラスパウダーをベースガラス上に振り掛けます

このガラスパウダー、見た目は白ですが、焼成すると鮮やかなピンクを呈します。ストライカーと言われる特別なガラスです。

焼成後、ピンクの花が浮き上がりました

焼成後、ピンクの花が浮き上がりました

再度この上からパウダーを載せて焼成し、花を重ねていきます。
ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA