ステンドグラス

23011 「薔薇」- 販売中 –

ステンドグラス「薔薇」ステンドグラス工房達風

 

 工房の庭にはかつて「トラディション95」という品種名の深紅の花を咲かせる蔓バラが植えられていました。 (あいにく今は別の品種「ピエール・ドゥ・ロンサール」に植え替えられていますが。)
この真紅の薔薇の花は、ハイブリッドティーと言われる、某有名百貨店の包み紙にあるような優雅な形状でした。 この薔薇とクロアゲハをデザインして、ステンドグラスにしました。 薔薇も蝶も、和洋どのような部屋にもマッチする飽きのこないモチーフです。 それでいて、光を通したステンドグラスは、圧倒的な存在感です。

 ガラス素材は、中心部分はドイツ製のアンティークガラス(手作りの宙吹きガラス)を多用し、 周囲のボーダー部分には古き良き明治のステンドグラスを彷彿とさせるキャセドラルガラスを用いています。

サイズ本体部分:450mm×700mm/重量約4kg
設置場所窓辺など
制作経緯:ふるさと納税返礼品(茨城県龍ケ崎市)
制作年度:2021年度
ご購入方法ご購入方法は以下(1)(2)の2通りです。
(1)ふるさと納税の返礼品として、以下のサイトでお申し込み
さとふる  

(2) 当工房から通販で購入→まずはメールフォームでお問い合わせください
\150,000円(本体)+4,000(送料)  <税込み>
(工房の窓辺に吊り下げて撮影:背後は庭)
ガラスの質感がわかります(部分拡大写真)

 作品の周囲は、頑丈な真鍮の枠材で囲まれています。 また、額縁がなくても、窓辺に鎖などで気軽に飾れるように、真鍮枠には鎖や金具を通すためのピアス孔が設けられています。

吊り下げ用の穴と鎖(部分拡大写真)

タイトルとURLをコピーしました