作品集 gallery無鉛ステンドグラス(フュージング)

18002フュージング画絵皿「飛行機」「カタクリ」- 販売中 –

「1.飛行機」
工房のある龍ケ崎市には、龍ケ崎飛行場という小型機専用の民間飛行場があります。 田んぼの真ん中にあるその飛行場からは、遊覧や、パイロット操縦訓練目的にセスナ機が離着陸しています。 幼少のころから飛行機好きな私は、軽い爆音を上げながら舞い上がり、舞い降りる軽飛行機を眺めるのが好きで、飽きることがありません。
フュージング画絵皿「飛行機」は、そんな軽やかなプロペラ機を操縦する猫の兄弟を描いています。 兄貴猫は、スカイダイビングをしています。

「2.カタクリ」
一方、茨城県南を代表する山、筑波山の山頂付近には、カタクリが群生しています。 カタクリはユリ科で、早春にシクラメンのようにそっくり返った特徴的なピンクの花弁を見せて咲きます。 自生しているカタクリは貴重で、日本全国で天然記念物に指定されている地域が多いです。 昔は、その根から片栗粉を製造していたようですが、今はもっぱら観賞用の草花ですね。
この絵皿では、花の部分を拡大して、素描風に線描きしています。

「飛行機」も「カタクリ」も、ブルーや、ターコイズ、ピンク、グリーン等、8種類の色ガラスフリット(ザラメのようなガラスの粒子) を透明なベースガラスに融着して、絵付けしています。
光を透かすと、その粒子一粒一粒が独立した色で存在し、全体として点描画のように調和して見えると思います。 まさに色ガラスのハーモニーです。食卓を飾る食器として、また、窓辺を飾るオブジェとしてお使いください。

サイズ: 各、横40×縦12.5×高3cm(× 厚4mm)
設置場所: (例1)食器として使用
(例2)オブジェとして飾る
制作経緯: 自主制作
制作年度: 2016年
ご購入方法: 当工房から通販で購入→まずはメールフォームでお問い合わせください
1枚\12,000(税込・送料込)

18002「飛行機、カタクリ」「飛行機」
フュージング画絵皿「飛行機」

18002「飛行機、カタクリ」「カタクリ」
フュージング画絵皿「カタクリ」

18002「飛行機、カタクリ」横から見たところ
横から見たところ

タイトルとURLをコピーしました