No.19026

フュージング画

「光輝」

フュージング画「光輝」
フュージング画「光輝」
(窓辺に立て掛けて、正面からの光で撮影)

フュージング画「光輝」
幣殿上部に据え付けてあります

サイズガラス部分 横764mm×縦346mm×厚4mm×3枚
設置場所茨城県千勝神社の儀式殿
制作経緯オーダーメイド
制作年度2017年

茨城県つくば市に鎮座する千勝神社(ちかつじんじゃ)は、私(福田)が世話人をさせて頂いている神社ですが、 その神社の儀式殿が、平成29年12月3日に竣功しました。 この儀式殿は別名 山根彦神拝殿といい、山根彦神本殿の正面に造営されました。

この儀式殿にフュージング画3枚を奉納し、この12月3日の竣工奉告祭の折り、お披露目されました。 奥の一段高くなった部分を幣殿と言いますが、その天井近くに3枚据え付けてあります。

ステンドグラスは、背後に光源が必要で、言葉を変えれば室内が薄暗くないと映えません。 ですが、フュージング画の良さは、背後の光源があっても無くても(透過光でも反射光でも)綺麗に見える点にあります。 季節・時間折々に異なる美しい表情を見せてくれるフュージング画は、この明るい儀式殿にはもってこいです。

3枚のフュージング画のデザインは、御祭神の御神徳を象徴的に表しています。

フュージング画「光輝」
儀式殿の正面外からも見ることが出来ます

フュージング画「光輝」
竣工奉告祭の様子です


前へ 閉じる 次へ

ステンドグラス工房達風 HOMEへ