No.1606

フュージング画

「竹林」

フュージング画「竹林」
フュージング画「竹林」:背後は、臙脂の布

フュージング画「竹林」
背後は、白のクロス

サイズガラス部分 横320mm×縦610mm×厚4mm
設置場所未定
制作経緯自主制作
制作年度2014年度
価  格1枚80,000円(額無し、税抜き・送料込み) 在庫あり
この作品のご購入を希望される時は、通販ページもご覧下さい。
※木製額縁をご希望の場合は、10,000円(税抜)のプラスになります。

 ほぼクリアに近いグリーンの斑入りベースガラスに、裸婦の描線は、白い陶器のようなガラスを被せて描いています。 竹の図柄も同様に白ガラスです。

 大理石の彫像のような清潔感を出したくて、ほとんど色を使いませんでした。 裸婦の輪郭やシワは、被せてある白ガラスの厚さで表現しています。 近くで見ると、レリーフのように凹凸があります。

 厚紙で様々な曲線のマスクを作り、このマスク越しに白いガラスパウダーを少しずつ落として、焼成で定着させる という工程を延々続けて、デリケートな濃淡を作り出しています。 サンドブラストにも近い出来ですが、サンドブラストほどエッジが効かず、ぼんやりとした温かさが出たと思います。

 全体に透明度が高いので、背後の色で、全体の印象が変わります。窓辺に置くと少し、弱い感じです。

フュージング画「竹林」部分
部分拡大

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ