No.0822

ステンドグラス 行灯

「鯉」

ステンドグラス行灯鯉
ステンドグラス 行灯「鯉」

ステンドグラス行灯裏側
ステンドグラス行灯裏側

サイズ ステンド部:直径190mm×高さ490mm/全体:高1270mm
設置場所東京都: 個人邸 玄関
制作経緯オーダーメイド
制作年度2006年度
 「鯉の滝登り」の図柄の行灯を制作しました。自然の鯉は滝など上りませんが、中国の故事では、滝を上った鯉が龍になったとあります。登竜門の故事です。
 曰く、中国の霊山に「竜門」という滝があり、その急流を登り切った鯉には霊力が宿り、龍になると言われています。現代では、「登竜門」といえば、出世街道の入口をあらわす言葉になっていますね。
 ステンドグラス行灯の本体は、直径19cm×高さ49cmと大きめで、展開すると、横60cm×縦49cmの面積を要します。この面積の約2倍のガラスを、あらかじめ電気炉でスランピング(湾曲加工)し、それからピースに切り分けました。すべてランバーツ社のアンティークガラスで、個性的な流れ模様が活きるように配置しました。
 このランプをご注文下さったとある会社の社長様も、この鯉のようにトントンと業界の雄になって頂きたいです。

ステンドグラス全体
実際は、木製ベースの上に設置してあります。

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ