和風の円形ステンドグラスは、コパーテープ巻きをしています

オーダーメイドのステンドグラス「椿と目白」は、制作後半戦、コパーテープ(銅テープ)巻きを終えて、組み立て段階に入っています。

コパーテープを巻き終えたピース

コパーテープを巻き終えたピース

ハンダ付けをするための台紙の上に、すべてのピースを並べていきます。はじめて作品の全体像が見られるワクワクする作業です。

台紙の上にピースを並べています

台紙の上にピースを並べています

30分ほどかけてガラスのジグソーパズル完成

30分ほどかけてガラスのジグソーパズル完成

この後、ペーストフラックスをコパーテープ部分に塗り、

・仮ハンダ

・本ハンダ

・裏の本ハンダ

と続きます。

仮ハンダ作業(点止めして行きます)

仮ハンダ作業(点止めして行きます)

小鳥の部分の本ハンダ

小鳥の部分の本ハンダ。コパーテープが強固なハンダで包まれていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA