フュージング画「薔薇」絵付けしています

ガラス・フュージングと絵画の合成である「フュージング画」(私による造語)は、色を担当するガラスと、輪郭や陰影を担当するグリザイユ絵付けの合成です。

ガラスの融着を先にするか、絵付けを先にするかは、作品によって異なります。今回は、絵付けを先にして、その上をカバーする形でガラスを載せる予定です。

ですので、せっせと絵付けをしています。

まず、ワンちゃんの毛を描いています。白い犬にしては、少し濃い様に見えますが、高温でフュージングすると薄くなるんです。

ワンチャンの犬種はウェスティーだそうです。

ワンチャンの犬種はウェスティーだそうです。

上の写真の状態で一度焼成し、冷めてからさらにバラを描きくわえていきます。

薔薇のブッシュを描きくわえます

薔薇のブッシュを描きくわえます

下の写真は、バラの実の画面の焼成風景です。大きな電気窯で焼き付けます。

釜の中での焼成

釜の中での焼成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA