秋の展覧会向けフュージング画の制作(2)

ベースガラス上に、ガラスの粉を水で溶いたものを、少しずつ絵柄にして載せていきます。画面を覆いつくしたら、785℃で焼成します。

そして冷めたら、またガラスの粉を載せ、色を重ねていきます。

そして焼成...

何度か繰り返すと、重厚なフュージング画が出来てきます。

移りゆく紅葉のフュージング画

移りゆく紅葉のフュージング画

上の写真は、中ほどの工程です。木の幹の部分に紫のガラス粉を載せていますが、まだ焼成していないので、つや消しで写っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA