フュージング画「湘南の風景」は、グリザイユ絵付けが始まりました

色ガラスによる「色付け」は完了し、グリザイユによる細かい描き込みに入っています。

グリザイユは、黒い金属粉でできた顔料で、これを水で溶いて、絵具代わりにします。細筆や幅の広いハケを使って、景色を描きます。遠景は、黒っぽい陰のように、近景は車や海岸線の擁壁、樹木を念入りに描きます。

グリザイユで遠い山なみに陰影を付けているところ

グリザイユで遠い山なみに陰影を付けているところ

1回目の描き込みが完了

1回目の描き込みが完了

グリザイユも、温度は少し低めの740℃ですが、焼成して定着させます。そして、少しずつ塗り重ねて趣のある絵に仕上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA