ステンドグラス「ペガサス」は、ガラスカット中です

ゴールデンウィーク中ですが、天気も良く、ガラスカットにはうってつけです。ステンドグラス制作の楽しみの一つが、このガラスカット。苦手という方もいらっしゃいますが、慣れれば、自分の技術の上達度が最も実感できて、楽しい時間です。

馬(ペガサス)本体の青緑のガラス

馬(ペガサス)本体の青緑のガラス

ドイツの職人が、1枚1枚宙吹きで作った「アンティークガラス」を、型紙に添って切っていきます。大きなままでも十分素敵な板ガラスですが、切って、再構成して、新たな命を吹き込みます。

少女のドレスのガラスは、深いブルーです

少女のドレスのガラスは、深いブルーです

今回は、私の定番の「青緑系」のモノトーン配色です。このモノトーンのリスクは、こちらがイメージするガラスが、タイミング良く仕入れられるかです。同じような色のガラスが、重なりますから。インポートものなので、商社に在庫が無ければ、デザインを変えなければいけません。今回は、全てそろいました。

クリアーのガラスは、雲のデザインの部分に

クリアーのガラスは、雲のデザインの部分に

切り終ったパーツ数百個は、型紙と1対1対応で管理します。

切り終ったパーツ数百個は、型紙と1対1対応で管理します。

しばらく、カット作業が続きます。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA