「桜」のステンドグラスも制作開始

「緑のシンフォニー」というステンドグラスも、ガラスカットが続いていますが、一部ガラス材料の仕入れが完了していないので、この間別のステンドグラスの制作を開始しました。

「桜」という横60cm×縦120cmの大作です。ピース数は850で、緑のシンフォニーを上回る規模です。

ステンドグラスパネル「桜」の型紙

ステンドグラスパネル「桜」の型紙

型紙を、ピースに切り分けています。全部で850個!

型紙を、ピースに切り分けています。全部で850個!

桜の花は、ゴールドピンクと言う高価なアンティークガラスを使っています。ベネチアンガラスでは「金赤」と呼ばれるもので、実際に金を含有しています。

ゴールドピンクの板ガラスの上に、花弁のピースを配置しています。

ゴールドピンクの板ガラスの上に、花弁のピースを配置しています。

ガラスカッターとプライヤーで、型紙に合わせてガラスを切り出します。

ガラスカッターとプライヤーで、型紙に合わせてガラスを切り出します。

こちらも、じっくり腰を据えて取り組みます。

切り終ったガラスピース

切り終ったガラスピース

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA