ステンドグラス「少年と馬と猫」:銅テープを巻いています

ステンドグラスには大きく分けて2通りの組み立て方法があります。鉛線を用いたがっちりした組み立て方法と、銅テープとハンダを用いた繊細な組み立て方です。

今回のステンドグラス「少年と馬と猫」は、後者の方法を使って組みます。

幅の異なる数種類の銅テープ

幅の異なる数種類の銅テープです。剥離紙を剥がすと、テープの裏面には粘着剤が付いています。

銅テープは、ガラスの切断面を包むように巻きます。ガラス切よりも仕上げに気を遣います。このテープの巻き具合が、そのまま仕上がりに効いてきますので。

テープを模き終えたピースたち

テープを模き終えたピースたち

これが終わると、いよいよステンドグラス作りも組み立て段階ですが、まだしばらくテープ巻きが続きそうです。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA