ステンドグラス「少年と馬と猫」:組み立てています

ステンドグラスの全容を見られるのは、この組み立て工程に入ってからです。テープを巻き終えた全ピースを、台紙の上に並べていくと、思い描いていた絵が出現します。

台紙の上に、ピースを並べていきます。まるでジグソーパズルです。

台紙の上に、ピースを並べていきます。まるでジグソーパズルです。

各ピースは、型紙より一回り小さく整形してあるので、こうして並べていても干渉することはありません。

この並べる作業は、ステンドグラス図栗の中で、最もわくわくする瞬間でもあります

この並べる作業は、ステンドグラス制作の中で、最もわくわくする瞬間でもあります

全部で800ピース余、1時間ほどで並べ終えました。次に、ハンダの仮止めです。点状にハンダを置き、ピースが動かないように止めていきます。

それが終われば、本ハンダです。銅テープの上に溶かしたハンダをこんもり盛っていきます。

ハンダの仮止め(点止め)

ハンダ付け作業

表が終われば、裏面も本ハンダをします。

本ハンダの線は、シワが無く、こんもり盛り上がっているのが良い状態です

本ハンダの線は、シワが無く、こんもり盛り上がっているのが良い状態です

枠材をはんだ付けすれば、組み立ては終わりです。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA