インドネシアからステンドグラス作家さん来房

Face Book で知り合った外国のお客様が、今日、当工房に遊びに来てくださいました。FBがらみの外国からのお客様は、フランスに続き2組目です。

インドネシアを代表するジャカルタのガラス工芸工房 Eztu Glass Art のオーナー ブライアンさん(Mr. Brian Yaputra)です。私とは比べ物にならないほどのビッグな作家さんです。社員はなんと数百名、インドネシア国内はもちろん、日本はじめ世界各国に作品を送り出しています。

彼のサイトはこちら。

Eztu Glass Art のオーナー ブライアンさん(Mr. Brian Yaputra)

インドネシアを代表するガラス工芸工房 Eztu Glass Art のオーナー ブライアンさん(Mr. Brian Yaputra)。<雑誌の掲載記事から>

まえから、FBでお互いの作品写真に感想を書き込み合っていたのですが、ブライアンさんが、ご家族で日本に旅行するこのタイミングで、当工房もスケジュールに組み込んでくださいました。

私の作品の写真を撮ってくださっています。恐縮です。

達風ギャラリーにて、私の作品の写真を撮ってくださっています。恐縮です。

ブライアンさんの工房では、伝統的な絵付けステンドグラスから、亜鉛線組の頑丈なステンドグラス、大判のフュージングなども手掛けているそうです。いわゆるガラスアートの総合メーカーと言ったところで、モスクや教会、商店、公共建築、民間住宅など、ありとあらゆるところに納めています。

ギャラリーには子供がちょろちょろ

ギャラリーには子供がちょろちょろ

折角なので、ということで、お互いに得意な「書」と「墨画」の即興ワークショップです。ブライアンさんは中国系インドネシア人と言うことで、書はおてのもの。

ブライアンさん、「友情」と墨書しているところ

ブライアンさん、「友情」と墨書しているところ

私は、ジャカルタの花「蘭」を水墨画で描きました。その後、作品の交換会です。

書と墨画の交換会。私が描いたのはピンクの「蘭」。

書と墨画の交換会。私が描いたのはピンクの「蘭」。

この後、日本蕎麦とエビ天の手製粗食でランチを共にし、再会を誓って午後2時に帰って行かれました。

帰るときの記念撮影。子供たちは、ちょうど夏休みです。英語の会話に入ってこられず、終始もじもじしていました。

帰るときの記念撮影。子供たちは、ちょうど夏休みです。英語の会話に入ってこられず、終始もじもじしていました。親指を立てるのが、彼のお決まりのポーズ。

今日は、梅雨明けの最高に暑い日でしたが、彼曰く「日本はカラッとしていて気持ちがイイ暑さ」だそうです。日本に多数いるステンドグラス作家の中で、なぜ私を選んでくれたのか...彼曰く、デザインの絵画性がお気に召したらしいのですが。私以上に立派な方は、もっといるんですがね。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA