和風ステンドグラスパネル「滝桜」制作開始

福島県三春町の有名な枝垂れ桜「三春滝桜」をイメージしたステンドグラスを作っています。直径60cmの円形です。

原画は例によって水墨画で描きました。この原画から型紙を起こしていきます。

原画の上に方眼紙を置いて、トレース

ライトボックスを使い、水墨画の原画の上に方眼紙を置いて、トレースしています。

ライトボックスの上で、方眼紙に輪郭を写し取り、その後、ガラスが切り易いように修正します。

全体の花と枝、空間のバランスを見るために、色鉛筆で着色をしておきます。

方眼紙の型紙で、仮の色を付けていきます。

方眼紙の型紙で、仮の色を付けていきます。

出来上がった型紙を元に、拡大コピーして実寸型紙を作ります。

実寸型紙(写真左)が出来上がると、次はガラスカットです。

実寸型紙(写真左)が出来上がると、次はガラスカットです。右上は墨画の原画、右下が方眼紙の型紙。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA