和風ステンドグラス「滝桜」は、ガラスカット段階に入りました

型紙が出来ると、次はガラスカットです。

型紙は、境界線で切り分けます。今回はガラスを6種類使うので、細かくなった紙片を、ガラスごとの6個の箱に仕分けます。

型紙を細かく切り分けます

型紙を細かく切り分けます

最初に、桜の花のピンクガラスをカットすることにします。濃淡を出すために、ピンクのガラスも濃淡2種類使います。

ところで、ステンドグラス用ガラスは、色によって面積単価が異なります。実はこのピンクが最も高価なガラスです。その理由は、ピンクを発色するために、金が融かしこんである為です。ガラスは、金属イオンを融かしこむことで、様々な色を呈します。

ベネチアンガラスでも金赤といって珍重されるこのガラスは、ステンドグラスの世界ではゴールドピンクと言って、1坪(といっても30cm四方ですが)1万円弱します。まあ、今回のガラスはアンティークガラス(手拭き製法の手作り板ガラスです)でもあり、余計高いです。

ゴールドピンクのガラスの上に、型紙を並べて、パターン取りします

高価なゴールドピンクのガラスの上に、型紙を並べて、パターン取りします

濃淡2種類のピンクの上に、型紙の縁線を写し取ります。

濃淡2種類のピンクの上に、型紙の縁線を写し取ります。

ガラスの上に油性マジックで、型紙の外形を写し取ります。そして、この線を頼りにガラスカッターとプライヤーを使ってガラスを割っていきます。

ガラスカットの様子

ガラスカットの様子

ガラスカットと言っても、実は傷を着けて、割っていく作業です。この作業を繰り返して数百個のガラスピースを作っていきます。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA