和風ステンドグラス「滝桜」の制作では、現在ガラスピースの研磨をしています

ステンドグラス制作のハイライトと言えばガラスカットですが、それが終わっても、すぐには組み立てに入れません。このコパーテープ技法では、ガラスピースの縁に銅テープを巻きつけます。そして、それに先立って、各ガラスピースの縁を研磨して、滑らかにしておきます。

研磨する工具はルーターと言って、ダイヤモンドの粒子が埋め込まれている砥石を回転させてガラスを削ります。

ルーターと洗浄用の水(右下)、そしてタオルなど

ルーターと洗浄用の水(右下)、そしてタオルなど

研磨方法は、ガラスピースをテーブル上に置いて、断面をビット(ルーターの回転刃)に押し付けます。

研磨の仕方

研磨の仕方

これで、ぐるっと一回り、縁を研磨します。そうすると、切りっぱなしで鋭く尖っていた断面が、きれいに均されて、安全かつ、テープが付きやすくなります。

ピースは、予め型紙より小さく切ってあるのですが、型紙からはみ出した部分が無いか、一応目視確認します

ピースは、予め型紙より小さく切ってあるのですが、型紙からはみ出した部分が無いか、一応目視確認します

研磨が終わったピースです

研磨が終わったピースです

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA