ステンドグラス用ガラスで、アクセサリー制作

ステンドグラスに用いるアンティークガラスがとても美しいので、その端材がある程度たまると、アクセサリーを作ります。特に、ストリーキーガラスという、複数の色が流れ模様で1枚に同居するガラスは、切らない方が良いのではと思うほど美しい逸品です。このガラスを小さく切り、窯でフュージングして、ネックレスやイヤリング、ピアスなどに加工します。

ストリーキーガラスを窯に入れて融かします

ストリーキーガラスを窯に入れて融かします

本来なら捨てられる運命にあるステンドグラス用ガラスの端材が、新たな命を宿す瞬間です。

ネックレスのトップ

ネックレスのトップに加工

合皮紐を通して、ネックレスに加工します。

小ぶりのトップはチョーカーに

3cmほどの小ぶりのトップは、チョーカーに。メタルビーズも通します。

長さ5cm以上の大きなトップは、長めのネックレス。

長さ5cm以上の大きなトップは、長めのネックレス。

ピアスやイヤリングも素敵です。

ピアスとイヤリング

ピアスとイヤリング。ぶらぶらタイプです。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA