椅子の改造

ステンドグラス制作の合間に、家具の改造。

普段ダイニングで使っている椅子の小改造をしました。

もともと、テーブルと椅子4脚セットで5,000円の中古品。特に椅子は作りも悪く、修繕を繰り返してきました。ホゾが抜けるので、叩き込んでねじ止めしたり、座面のクロスも2度張り替えました。

改造前の椅子

改造前の椅子、クロスはベージュの合皮

今回は、家族のリクエストで、座面を木にしました。ただし、1脚だけ。木を買ってきて、切って、ねじ止めして、着色して、ニス塗布で出来上がり。

改造後

改造後 座面は木になりました

曲線的な背もたれと、直線的な座面がアンバランスですが、今回は座り心地重視ということで、良しとしました。依頼者曰く、硬く平らな方が良いということですので。木の色は、時間がたつと飴色にくすんでくるので、最初は薄めに着色しておきました。

フュージング画の制作は、自主制作品を淡々と進めています。うしく現代美術展に出展するものです。

フュージング画の自主制作

フュージング画の自主制作

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA