ステンドグラス「綿津見」は仕上げ段階です

ステンドグラスの組み立ても最終段階で、周囲に補強枠を取り付けます。

この枠は、断面がH型をした真鍮棒で、これで囲むと輸送に耐える強度を持ちます。まず、寸法通りに、カットして、表面を綺麗に研磨します。

補強材の真鍮棒をカットしています

補強材の真鍮棒をカットしています

ハンダ付けが終わったパネルの4辺を、この補強枠で囲み、ハンダ付けします。

補強枠でステンドパネルを囲み、ハンダ付けする

補強枠でステンドパネルを囲み、ハンダ付けする

次に、作品を洗剤を入れたプールに入れ、真鍮ブラシで洗浄・研磨します。

ステンドグラスの洗浄

ステンドグラスの洗浄。ハンダ線は黒染めする前に良く磨いておきます。

この後、ハンダ線の黒染め、パテ詰め、ワックス塗布をして完成です。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA