ステンドグラス「綿津見」のガラスピースにコパーテープを巻いています

この行程が、わりと退屈なのですが、実は完成した時の仕上がりに最も影響するところです。

ルーターでの研磨が終わったガラスピース1個1個に、コパーテープ(裏に粘着剤の付いた銅箔テープ)を巻きつけていきます。周囲を少し覆う要領で、ぺたぺた着けていきます。最後にヘラでしごいて、中の空気を抜くと完成。数百個のピース全てに施します。

ピースにコパーテープを巻いています。

ピースにコパーテープを巻いています。

裏の剥離紙をはがすと、シールのようにガラスに貼り付ける

裏の剥離紙をはがすと、シールのようにガラスに貼り付けることができます。

このコパーテープが、この後の工程で、ハンダとしっかり結合します。ガラスだけだと、ハンダをはじいて着かないためです。
したがって、このテープを綺麗に巻くことが、きれいなハンダ線を施す第1歩になります。ガラスの切断面はハンダの内部に隠れるので、どんなにきれいに切っても、逆に雑に切っても、仕上がりには関係ありません!

丁寧に巻きましょう。

縁にテープが巻かれた状態

縁にテープが巻かれた状態

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA