ワルノリ猫のお皿を作っています

平成26年 新年は、自主制作でスタートです。コンスタントに作り続けている「ワルノリ猫」シリーズですが、1年以上ぶりの新作です。

初めてフュージング画絵皿にします。小中学生の時、せっせと漫画を描いていたこともあり、風刺画も好きです。ワルノリ猫は怠け癖のある私の分身です。

ワルノリ猫のフュージング画絵皿

ワルノリ猫のフュージング画絵皿を焼成中です

この後、スランピングして曲面を付ければ、完成です。

これとは別に、アート作品も作っています。白いガラスの凹凸だけで輪郭を表現する、新しいフュージング画に挑んでいます。焼成温度が少しでも高いと、折角付けた凸がだれてしまうので、低温で何回も焼成しています。傾けてみないとわからないくらい僅かな凹凸のレリーフと言った感じです。

焼成

白いガラスの粉を部分的に載せて焼成しています。このわずか数か所にガラスを盛るためだけに、半日かけて焼成します。

焼成し終わると、輪郭ができます。

焼成し終わると、エッジが立って輪郭ができます。次に竹を描きます。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA