丸いステンドグラス「竹林」を取り付けてきました

直径90cmの、丸い和風ステンドグラス「竹林」を取り付けてきました。パネルを、自分で取り付けるのは、久しぶりです。

場所は、個人邸の和室、床の間の丸窓です。家屋自体はずい分前に建てられたものですが、施主さんは、以前からこの丸窓にステンドグラスを入れたかったそうです。そして、この丸窓の外側にマンションが建つのを機に、ご依頼くださいました。目隠しの意味もあるのかもしれません。

取り付け当日。まず、既存のガラス窓をよくクリーニングします。

既存の窓をガラスクリーナーできれいに拭きます

既存の窓をガラスクリーナーできれいに拭きます

ステンドグラスパネルをアルミサッシの内側に、はめ込むのですが、少し大きかったようです。丸窓の場合、サッシが真円でないことが多いので、干渉することがあります。そこで、ステンドグラス周囲の鉛部分をかんなで削って調整します。

ステンドグラス周囲の鉛部分をかんなで削って調整

ステンドグラス周囲の鉛部分をかんなで削って調整

ステンドが入ったら、押縁で固定します。今回は、曲面ですので、プラスチック(ABS樹脂)製の柔らかい押縁(モール)を使います。断面は幅15mm×厚6mmです。

押縁の裏側には、仮止め用の両面テープを貼っておきます

押縁の裏側には、仮止め用の両面テープを貼っておきます

プラスチック(ABS樹脂)製の柔らかい押し縁で固定

プラスチック(ABS樹脂)製の柔らかい押し縁で固定

この押縁をタッピンネジで固定して完成です。

下地のアルミに下穴を開け、タッピンネジで押縁を固定

下地のアルミに下穴を開け、タッピンネジで押縁を固定します

床の間が、華やかになりました。ステンドは、アンティークガラスを使っているので、窓の向こう側の景色が程よくゆがみます。マンションの壁が気にならなくなりました。

床の間に和風ステンドグラス「竹林」の取り付け完了

床の間に、和風ステンドグラス「竹林」を取り付け完了

※この作品の詳しい説明は、ステンドグラス工房達風サイトの作品集ページで。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA