「葡萄」のステンドグラスパネルは、銅テープを巻く工程に入りました

オーダーメイドのステンドグラスパネル「葡萄」は、50cm×1mのパネル2枚分のガラスピースカットが終わり、周囲の研磨と、銅テープ巻きを同時に行っています。ピースは全体的に大きめですので、作業ははかどります。

ルーターで、葉っぱのピースを研磨中

ルーターで、葉っぱのピースを研磨中

銅テープ巻きも妻の手を借りて、どんどん進めています。銅テープは巻いたそばから酸化が始まりますので、数日以内に終わらせて、すぐに半田工程に入る予定です。

銅テープ巻き

銅テープ巻き

銅テープを巻き終えたピースたち

銅テープを巻き終えたピースたち

この制作とは関係有りませんが、たまにはお教室の様子もご紹介します。下の写真は、生徒さんがデザインのために、カラー(サトイモ科の植物)の写生をしているところです。一見絵画教室のようですが、ステンドグラス教室です。うちでは、パターンブックを一切使わずに、最初(処女作)から自分でデザインを描くように訓練していますので、生徒さんは自然に絵も上手くなっていきます。

生徒さんがステンドグラスのデザインのために花の写生をしているところ

生徒さんがステンドグラスのデザインのために花の写生をしているところ

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA