No.0402

ステンドグラス行灯

「竹」

ステンドグラス行灯:竹A
ステンドグラス 行灯「竹」

サイズφ150mm×縦490mm(木製ベースを含めた高さ52cm)
付属品木製台と電球(リンクランプ)
設置場所床や台の上
制作経緯龍ケ崎市 ふるさと納税 返礼作品
制作年度2002年度
  スランピングという、板ガラスを電気窯の中で湾曲させる技法を使い、円筒状に成形しています。 普通、円筒状のステンドグラスランプを作る場合は、細長い短冊状の板をぐるりと並べるのですが、 これですと、繋ぎのハンダ線が多くなり、全体として重たい印象を与えます。 その為、この作品では軽妙な雰囲気を出したくて、スランピング技法を使いました。
  藪の中の生きた竹と言うより、切り出して人の用に供する中で、味わい深く黄色く変色した竹をイメージしています。 落ち着いた行灯を、和室の床の間に飾ってみてはいかがでしょう。 内部にはリンクランプと言う、長さ40cmの細長い電球が入っていますので、円筒状のシェード全体がほのかに光ります (市販のE17口金の電球も使えます)。  

ステンドグラス行灯:A竹赤

ステンドグラス行灯
周囲の明るさを変えて撮影

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ