ステンドグラス「プルメリア」のピースはフュージングで作っています

プルメリアの花って白地に中心近くが黄色いというのが多いですよね。1枚の花弁に2色が同居しているので、フュージングで花弁専用のガラスを作ることにしました。

ガラスに白と黄色のガラスパウダーを振りかけています

ガラスに白と黄色のガラスパウダーを振りかけています

ピースごとに切り分けたクリアーガラスに、同じ膨張係数のガラスパウダーを茶こしで振りかけています。色は白と、黄色です。このとき、均一にかけてしまっては意味がないので、ちゃんと中心部は黄色が強くなるように、振りかける量を加減します。

ちなみに写真では、粉はすべて白に見えますが、焼成されると一部黄色に変色します。

電気窯に入れて、焼成準備OKです。

電気窯に入れて、焼成準備OKです。

半日かけて焼成し、次の日蓋を開けると、ちゃんと黄色を呈していました。

白と黄色のグラデーションが美しいプルメリアの花弁が出来ています。

白と黄色のグラデーションが美しいプルメリアの花弁が出来ています。

奥の方のピンクのピースは、別の作品に使うものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA