円形ステンドグラス「椿」は、ガラスカット中です

円形の和風ステンドグラス制作では、現在アンティークガラスをせっせと切っています。

背景にあたるクリアのガラスに、型紙を当てて輪郭を描いています

背景にあたるクリアのガラスに、型紙を当てて輪郭を描いています

アンティークガラスは、手吹きガラス特有の気泡と線模様、そして歪みがあるので、無色=クリアのガラスも手に取ると、趣があります。

、型紙より若干小さく、整形します。

カットしたガラスをルーターと言う研磨機で、削り、型紙より若干小さく、整形します。

カットして研磨、を全ピースで繰り返します。出来上がったガラスピースは、下の写真です。椿の花弁の赤や、メジロの黄緑が綺麗です。

研磨し終わったガラスピース

研磨し終わったガラスピース

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA