No.1624

ステンドグラス パネル

「柿」

和風ステンドグラス「柿」
和風ステンドグラス「柿」

サイズ748×841mm
設置場所新潟県: 個人宅 玄関室
制作経緯オーダーメイド

 今まで色々な題材で、ステンドグラスを作ってきましたが、柿を採りあげたのは初めてです。 和風ステンドグラスは、水墨画で原画を描いてから型紙を作るのですが、柿は、この水墨画の題材としては定番と言えます。 ですが、お客様=制作依頼者が、強い季節感を漂わせる絵を好まれないという事情があって、なかなか制作の機会がありませんでした。
 今回このオーダーメイドに関しては、お客様が季節に応じて、付け替えるという前提でいらっしゃるようで、 秋用にこの題材を選ばれたのだと思います。

 柿の枝に朱赤の実がたわわに実り、枯れた葉が風にそよいでいる姿は、秋の高い空にとても映えます。 ヒヨドリやオナガが集まって、絡まった細枝を揺らす様も、眺めていて飽きません。 このような風情のある題材を作らせて頂き、ありがたいと思っています。

 家庭に固定してしまうステンドグラスが、年間の多くの期間、季節外れの絵になってしまうことは否めません。 ですが、日本の絵になる風景は、季節と不可分ですので、悩ましい限りです。

部分拡大
部分拡大(背景は工房の庭)

原画
原画(福田 筆)

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ