龍ケ崎市ふるさと納税 返礼特別作品(過去作品)

No.1141
フュージング画

「酔芙蓉」

フュージング画「酔芙蓉」 フュージング画「酔芙蓉」
額縁入りと、本体のみ窓辺に置いた写真

サイズガラス部分 横30×縦42cm×最大厚6mm
木製額縁入り 横約35cm×縦約55cm
付属品木製額縁
設置場所(例1)白壁の前に吊るす
(例2)窓辺に吊るす
制作経緯工房自主制作
ご購入方法ありがとうございます 完売しました
 酔芙蓉の花は、朝咲いた時は白い花弁、午後になるとピンク、夕方萎む頃には赤に変化します。 その様子が酒に酔っているようなのでこの名が付いています。
 芙蓉は晩夏に咲きますが、季語としては秋。葉の形といい、富貴な花といい、絵になります。このフュージング画では、枝にスズメを一休みさせました。

フュージング画「酔芙蓉」
本体のみ白壁の前で

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ