No.0885

ステンドグラス パネル

「アテナとニケ」

「アテナとニケ」玄関
ステンドグラス パネル「アテナとニケ」:広い玄関ホールに収まったところ

ステンドグラスパネル「アテナとニケ」玄関で西陽とともに
ステンドグラスパネル「アテナとニケ」:白い大理石に映るセレニウムオレンジの光

サイズ中央:横789×縦1388mm、両側:横289×縦1388mm
設置場所愛知県: 個人邸 玄関
制作経緯オーダーメイド
制作年度2006年度

 副題は「ニケを送り出すアテナ」です。

 アテナは、ゼウスの頭部から完全武装して生まれてきた女神で、ギリシャ神話の中では、最も人気の高い女神と言えます。 その守護地アテネはギリシア共和国の首都です。アテネのアクロポリスにそびえ彼女を祀るパルテノン神殿は、ドリア式建築の最高傑作といわれています。
 女神アテナは、戦場では槍を手に駆け巡り、館にあっては乙女らしい慎ましさで機を織ります。 彼女の大切な役目の一つは、英雄たちの守護神となってかれらを助けてやることです。

 一方、ニケは勝利の女神です。ルーヴルの至宝「サモトラケのニケ」が有名で、 スポーツブランド「NIKE」の名の由来にもなっていますし、オリンピックのメダルのデザインなどにも描かれています。
 知と戦の女神であるアテナと親しく結びつき、この偉大な処女神の随神と見なされるようにもなりました。 特にアテネの人々は彼らの守護女神アテナとともにニケを熱心に崇め、アクロポリスに優美な小神殿を建てて崇拝しました。 そんなニケのトレードマークは、翼と月桂冠です。

 このステンドグラス作品の構図は、天空の神殿から下界を鳥瞰しています。アテナの指示で、まさにニケが勝者となるべき英雄の元に降り立ち、勝利を授けようとする瞬間を描いています。ただ、神ではない英雄の目には、これら女神の姿は見えません。

ステンドグラスパネル「アテナとニケ」
ガラスの本来の色を見やすくするために、裏に白い布を垂らして撮影したものです

ステンドグラスパネル「アテナとニケ」拡大
赤からオレンジ、黄色のガラスは、フランスはサンゴバン社のアンティークガラスです

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ